今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

17日まで。ゲーム業界の風雲児、故・飯野賢治の全作品が遊べる展覧会

2014年5月16日 10時00分 ライター情報:小野憲史

ゲーム業界初! 故人のゲームが遊べる展覧会「飯野賢治とWarp 展」

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

スペースインベーダーが列島を「侵略」して今年で36年、ファミリーコンピュータの発売から31年。決して少なくない年月が日本のゲーム業界でも流れましたが、「風雲児」と呼ばれたクリエイターは一人しかいません。故・飯野賢治氏です。

『Dの食卓』『エネミー・ゼロ』などエッジの効いたタイトルもさることながら、その巨躯と風貌、歯に衣着せぬ言動などでメディアの注目を集め、1990年代後半のゲームシーンを語る上で欠かせぬ人物でした。2000年代に入って、表だった活動は影を潜めましたが、Wiiウェアのアクションパズル『きみとぼくと立体。』などで健在ぶりを披露。2013年に42歳の若さで急逝したのは、記憶に新しいところです。

そんな飯野氏の作品を一堂に集めた展覧会「飯野賢治とWarp 展 - ONE.D.K〜飯野賢治とWarp作品をプレイする14日間。〜」が、5月17日(土)まで渋谷の+SANOW LABs.(サノウラボプラス)で開催されています。会場で「ゲーム菩薩」めざしてホスト役をつとめるのは、飯野氏と同年代のゲームクリエイターで、『巨人のドシン』などで知られる飯田和敏氏。ホントに遅ればせながら、自分も行ってきました。

いや、ホントは行くつもりはなかったんですよ。ただ、どうにも寝覚めが悪いというか。しかも会場に自分の写真がデカデカと投影されていると聞きまして・・・。

もともと筆者は1990年代後半、「ゲーム批評」という雑誌の編集者として、飯野サンと親交がありました。当時、飯野サンは「エビスからの手紙」という人気連載を手がけていて、原稿を受け取りに行ったり、インタビューをさせてもらったり、毎回おかしな仮装をして写真を撮る「街で見かけた」というシリーズで写真に写ってもらったり、たいへんお世話になっておりまして・・・。

んでもって、古参ゲーマーなら良く知っている『エネミー・ゼロ』のレビュー事件。プレイステーションからセガサターンにプラットフォームを変更するなど、煽りに煽って出したゲームが「うーん・・・」。誌面で辛口レビューの結果、関係が自然消滅したわけですが、そのうちの1本を書いたのが筆者なんですよねーハッハッハ(誌面には「編集部」とだけクレジット)。それから飯野サンとはお会いしておらず、そのままになっちゃいました。

入り口では飯野サンのトレードマークだった、アルマーニのスーツがお出迎え。会場には初期のタイトルを集めた『ショートワープ』から、『Dの食卓』『エネミー・ゼロ』『リアルサウンド〜風のリグレット〜』『Dの食卓2』『きみとぼくと立体。

ライター情報

小野憲史

主夫ときどきゲームジャーナリスト。趣味でNPO法人IGDA日本代表

URL:Twitter:@kono3478

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!