今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「Splatoon2」先行試射会に参加してみた、めちゃめちゃ楽しい

2017年3月25日 10時00分 ライター情報:杉村啓
これが発売されたらNintendo Switchを買う、という人が身の回りに多い『Splatoon2』。前作『Splatoon』のときと同じく、先行試射会が開催されている。
Nintendo Switchで3月25日26日に行われる『Splatoon2』の先行試射会。事前に体験版ソフトをダウンロードしておく必要がある

日程は3月25日(土)と26日(日)。それぞれ4:00〜5:00、12:00〜13:00、20:00〜21:00に行われる。このうち、25日(土)4:00〜5:00に参加したのでレビューしたい。なお、今回は体験版なので、製品版とは若干異なる部分があるかもしれないことをご了承いただきたい。

Splatoonシリーズとは


このゲームはいわゆる三人称視点のシューティングゲーム、TPS。他のゲームと異なるところは、各キャラクターがヒトとイカの姿を切り替えながら戦うということ。また、相手を倒すのではなく、いかにインクで多くの地面を塗りつぶせるかという、「なわばりバトル」で勝敗が決まることだ。

2015年5月28日にWiiU用ソフトとして発売以来、世界中で人気のシリーズとなった。『Splatoon2』はNintendo Switchでの発売が予定されており、今回はその体験版というわけだ。

チュートリアルと設定変更


試射会はNintendo Switchで体験版ソフトをダウンロードして行う。時間外に起動しても、エラーメッセージが出て遊べない。
時間外に遊ぼうとしても遊べない

時間になると(実際には5分ぐらい前からできた)、まずはチュートリアルを行う。ここで一通りの操作を確認しよう。前作からやっていた人が一番とまどうのがジャンプの操作かもしれない。前作では(ついでにいうと、同じSwitchのゼルダの伝説でも)ジャンプは「X」ボタンのところ、今作では「B」ボタンになっているからだ。
最初にチュートリアルを行う。基本的な操作をここで確認しよう

チュートリアル時点では設定をいじることはできない。武器を選択する画面で、「オプション」(+)ボタンで変更できる。
ブキを選ぶ画面。スプラシューター、スプラローラー、スプラチャージャー、スプラマニューバの4つから選ぶ。「+ 」を押すとオプション画面で設定変更できる

特に重要なのはカメラオプションだろう。ジャイロ操作の感度から、オンオフ、スティックで操作する際のカメラ反転等を設定できる。視点を変え、狙いを付けるのがキモのゲームなので、納得のいく設定にしたい。
カメラオプションおよび色覚サポート設定を行える。自分にとって最適な設定を探そう

Xボタンに注意


設定を変更し、武器を選んだらいよいよ「なわばりバトル」だ。ブキはスプラシューター、スプラローラー、スプラチャージャー、スプラマニューバの中から選ぶ。

以前と同じブキでも、調整がされていて若干操作感覚が異なるようだ。たとえばスプラローラーでは、ローラーを振る際に地上では横振り、空中では縦振りとなりより遠くまでインクが届くようになった。

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!