今注目のアプリ、書籍をレビュー

6

「スプラトゥーン2」初心者だって大丈夫、脱初心者8つのコツを超ていねいに解説

2017年7月27日 08時30分 ライター情報:杉村啓
初心者のうちは、慣れないブキで迷惑をかけるんじゃないかと思うかもしれない。そこで、強制的にいろんなブキに触れるモードを楽しむのだ。

実際、ヒーローモードはかなり練習になるので、一通りは遊んでおくといいだろう。

その8:戦う前になるべく準備をする


初めて使うブキ、初めて行くマップで、いきなりすごいパフォーマンスを発揮しろと言われても不可能に近い。上級者であるならば戦いながらこれらをすぐに把握できるが、初心者のうちはなかなか難しい。

というわけで、事前にブキやマップを一度は確認しよう。

ブキは装備画面で「Y」ボタンを押すことで「試しうち」ができる。地面には等間隔の白線があるので、自分の使うブキがどれぐらいの射程なのか、撃ちっぱなしにするとどれだけでインクが切れるのか、サブウエポンやスペシャルウエポンはどういう動きをするのか確認できる。
「試しうち」では、自分のブキの射程や威力を確認しよう。威力の弱いブキだと正面からの戦いを避けた方がいい

また、敵が居ない状態で、自分の操作に合うカメラ設定もしておこう。

マップは、ロビーから「さんぽ」を選べる。
今回のマップは塗れるところと塗れないところ、行けるところと行けないところとがあるため、一度は自分で全部塗るぐらいの勢いで試してみるといい。そうすればマップを把握し、「メイン戦場」はこのあたりかと確認できるようにもなる。
「さんぽ」はナワバリバトルと同じく3分間マップをひとりで歩き回れる。実際に塗ってみて、行けるところと行けないところを把握しよう

練習は大事


当たり前のことではあるが、どんなにうまいプレイヤーも最初は初心者だった。それが、幾度となく繰り返して遊ぶことにより、猛者へと成長していったのだ。

『Splatoon2』は、敵を倒さなくても地面を塗ることで勝利に貢献できるゲームだ。むらなく自陣を塗っているだけでも勝利には貢献できる。そのことを念頭に入れて、ひたすら繰り返し遊ぼう。その際に、上記のコツを覚えておくといい。練習あるのみだ。

まずはガチマッチが解禁されるランク10を目指そう!
(杉村 啓)

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    塗り塗りルールのナワバリバトル自体チュートリアルみたいなもんじゃないんかね。 このゲームのメインはその後のガチマッチよね。

    9
  • 匿名さん 通報

    なんどもプレイすれば慣れてくるから、あきらめないで続けてほしい! 敵を倒した爽快感♪

    8
  • 匿名さん 通報

    自陣の塗りについては、もたもた塗っているとメイン戦場にいる人数の差で押されてしまって、打開が難しくなってしまうので、2から始める人は心がけてほしいです。

    8
  • 匿名さん 通報

    初心者に逃げ回って塗ってろなんて教えるのは良くないと思うけどな。 死んだときのデメリットが少ないゲームだから何度も死んで立ち回りを覚えろでいいんだよ。死んだら味方に知らせてな。

    6
  • 匿名さん 通報

    そんなに間違ってはいないけどその3の「味方の近くをうろうろ」は、十中八九熟練者の邪魔にしかならないので、なしかな

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!