今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

マンガを切り刻んで戦うのだ! コマでジャンケンする「コマジャン」が熱い

2010年11月26日 11時00分 ライター情報:香山哲

「コマジャン」対戦台と控える選手たち。会場には本格的な撮影スタッフも陣取り演出面も雰囲気を盛り上げる。

[拡大写真]

「1回戦課題図書は…これ!」レフェリーが高く掲げたのはコロコロコミック…!ざわつく満員のイベント会場…予選を勝ち抜いてきた8人の「コマジャン師」それぞれ手元のボックスには、バラバラに切り刻まれたコロコロコミックが…って、これ一体どういう状況!?

超文化系バトルゲーム「コマジャン」。その第2回大会が先日、FORESTLIMITという会場で行われた。コマジャンって何かと簡単に言うと、1対1で、決められた漫画雑誌の中からコマやフキダシをハサミで切り抜き、そのチョイスの面白さで戦うジャンケンの事だ。面白さは複数の審査員の多数決で決まり、3本先取すれば勝利!その大会に大勢の観客が集まり、インターネットでの映像中継も盛り上がった。

おそらくみなさんに湧いてくる疑問は、そんなゲームになぜ大の大人が予選をしなければならないほど選手が集まるのかって事、そして「漫画は切り刻んじゃダメ!」というツッコミもあると思う。前者はきっと過去の映像を見れば納得していただけるだろうし、後者については、大半が捨てられていくという運命を辿る「雑誌」を使っている所に考慮がある。

コマでジャンケンするからコマジャン。コマのチョイスは単に変なセリフを切り抜いたりインパクトのある絵で勝負するだけではない。1回戦と2回戦はあらかじめ決められた課題図書を熟読し、15のコマ(またはフキダシ)を選択して「デッキ」を作り、その中から1つずつ選んで同時に出していく。まるで「遊戯王」のカードゲームみたいな世界観。

例えば一方が出したコマがいくら面白い変な顔で「ふざけんじゃないわよ!」というセリフを言っているコマでも、もう一方が偶然、フキダシだけを切り抜いた「全然ふざけてませんよ」を出してくるかもしれない。そうなると場の空気は大きなインパクトを受け流して自分のエネルギーに換えた後者に有利となる。両者課題図書を熟読しているのでこういう偶然が起こりやすいのだ。

切り抜いたコマの裏も面白ければ対戦中のとっさの判断で裏を繰り出す「ウラコマ」、2回戦以降解禁となる「コマコンボ」(2つのコマを組み合わせて出せるルール)、真っ黒に塗りつぶされたコマで美しい切り絵を繰り出す技など、創意工夫が激しくぶつかりあう試合を勝ち抜き、数々の戦いの末に決勝へと残った選手を待っていたのは……「ライブコマ出し」だった!

決勝は例外的にその場で課題図書を発表し、会場で選手が10分以内にデッキを作る「ライブコマ出し」が行われたのだった。

ライター情報

香山哲

漫画やゲームを制作するチーム「ドグマ出版」主催。著作に『ランチパックの本』や『香山哲のファウスト1』(文化庁メディア芸術祭推薦作品)など。

URL:Twitter:@kayamatetsu

「マンガを切り刻んで戦うのだ! コマでジャンケンする「コマジャン」が熱い」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!