今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

遂に結果発表! あなたが選ぶ「Twitter文学賞 ツイートで選ぶ2010年ホントに面白かった小説」

2011年2月7日 11時00分 ライター情報:杉江松恋

左・国内一位『二人静』盛田隆二/光文社 右・海外一位『いちばんここに似合う人』ミランダ・ジュライ/新潮社

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

えー、杉江松恋です。2月5日に、第1回「Twitter文学賞 ツイートで選ぶ2010年ホントに面白かった小説」の座談会に出席してきました。みなさんUstreamの配信は、観ましたかーっ。
賞については、前回の記事を参照のこと。全員、復習! 文字通り、twitterの投票で2010年にいちばんおもしろかった作品を選ぶもので、ノースポンサー・手弁当の完全家内制手工業の賞である。ちなみにUsteamの配信もノーギャラかつすべて自前。賞の発起人であるトヨザキ社長こと豊崎由美氏、事務局スタッフを務めた石井千湖氏の他、評論家代表として大森望、佐々木敦の両氏、そして私・杉江松恋が座談会には出席した。

Ustreamで発表があった10位までの結果は以下のとおり。なお同点の作品が複数あった場合は同じ順位として扱うという方針である。

まずは海外作品から。投票総数は335。
1位:28票
ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』新潮社
2位:18票
トマス・ピンチョン『逆光』新潮社
3位:15票
エリザベス・ストラウト『オリーヴ・キタリッジの生活』早川書房
デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』早川書房
4位:14票
ジョルジュ・ペレック『煙滅』水声社
ボストン・テラン『音もなく少女は』文藝春秋
5位:11票
ロベルト・ボラーニョ『野生の探偵たち』白水社
6位:10票
マックス ・ブルックス『WORLD WAR Z』文藝春秋
トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』新潮社
7位:9票
タチアナ・ド ロネ『サラの鍵』新潮社
8位:8票
ウィリアム・トレヴァー『アイルランド・ストーリーズ』国書刊行会
ヴィクトル・ペレーヴィン『宇宙飛行士 オモン・ラー』群像社
サンティアーゴ・パハーレス『螺旋』ヴィレッジブックス
フェリクス・J・パルマ『時の地図』ハヤカワ文庫
9位:6票
ウェルズ・タワー『奪い尽くされ、焼き尽くされ』新潮社
トマス・H・クック『沼地の記憶』文藝春秋
10位:5票
ポール・オースター『オラクル・ナイト』新潮社
ウンベルト・エーコ『バウドリーノ』岩波書店
ダニイル・ハルムス『ハルムスの世界』ヴィレッジブックス
ジョン・ハート『ラスト・チャイルド』早川書房
ジェラルディン・ブルックス『古書の来歴』武田ランダムハウスジャパン
リディア・ディヴィス『話の終わり』作品社

1位の『いちばんここに似合う人』は紀伊国屋書店の全従業員が選ぶキノベスでも首位を獲得しており、これで二冠になった。

ライター情報

杉江松恋

1968年生まれ。小説書評と東方Projectに命を賭けるフリーライター。あちこちに連載しています。

URL:Twitter:@from41tohomania

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!