今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

なまはげが出刃包丁を持っちゃだめ。官製ハガキは35億枚以上発行『年賀状の戦後史』

2011年12月29日 11時00分 ライター情報:香山哲

『年賀状の戦後史』内藤陽介/角川書店
なぜか郷土玩具への愛も感じられ、切手デザインに使用された数多くの郷土玩具について詳細な説明が書かれているところも面白い

[拡大写真]

かつて年賀ハガキに新潟県の「なまはげ」のデザインが採用されたことがあった(1980年用年賀ハガキ)。なまはげがトレードマークの出刃包丁を持っているのは「物騒」であるとして農具のクワを持ったデザインになったんだけど、違和感があって見た人から苦情が殺到したのだという。だけど「切手に刃物は登場させるべからず」という鉄則があるらしく、郵便局はいちいち公式に説明して「クワのなまはげ」に対する理解を求めた。

どうでもいい気がしますね。でも、そうはいかないのが公共性の高い郵便事業。

年賀ハガキという老若男女が利用するものだからこそ、こういう出来事が今までにたくさん起こってきていて、それらは多かれ少なかれそれぞれの時代を反映していた。そこに着眼し、年賀状を中心にして起こる色々を並べて見ていくことによって戦後史を語ろうとしたのが本書『年賀状の戦後史』だ。書いたのは郵便学者・内藤陽介。

戦前からあった年賀状文化は、敗戦が色濃くなると国から自粛が求められた。「年賀なんて祝ってる余裕があれば国債買ったりして国に尽くせ」ということだ。だけど戦中戦後、疎開や出兵でバラバラになった日本中の人たちがお互いの安否を確認・報告するのに年賀状は役立ち、相当の人が出していたという。

そしてどんどん定着して国民的行事になった年賀状は、戦後の成長とともに郵便事業の大きな収入源となり、社会と様々な関わりが生まれてきた。

年賀状ハガキの切手部分のデザインは毎年変わり、日本各地の干支をモチーフにした郷土玩具が描かれることが多い。戦後すぐには戦前戦中の日本を否定する急進的な考えを持つ人々から「干支なんてやめろ」と言われたり、ハガキデザインの重要性が高まった時代には郵政大臣が自分の地元選挙区の郷土玩具をデザインに採用して地盤固めに使ったり、そういうエピソードが年ごとに紹介されている。単なる年賀状でも、想像もつかないぐらいの影響力があるんだな。

「宝くじ」も忘れてはいけない年賀状の特徴。切手収集ブームで中学生が賞品の「年賀切手シート」欲しさに他人の郵便受けから年賀状を盗んで補導されたりしている。「くるってる!」と思うけど、源氏物語絵巻の記念切手目的に学校の1割の生徒が授業をサボって郵便局に行列を作る時代だ(1964年)。みんなが夢中だった切手の絵柄が「源氏」なんて渋いのがなんだか面白い。ちなみに1950年の最初の宝くじの商品は特等ミシン、3等コウモリ傘など、完全に異世界なラインナップ。

ライター情報

香山哲

漫画やゲームを制作するチーム「ドグマ出版」主催。著作に『ランチパックの本』や『香山哲のファウスト1』(文化庁メディア芸術祭推薦作品)など。

URL:Twitter:@kayamatetsu

「なまはげが出刃包丁を持っちゃだめ。官製ハガキは35億枚以上発行『年賀状の戦後史』」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!