今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

入試の問題の掲載料は1000円!〈作家あさのますみインタビューpart1〉

2012年2月15日 11時00分 ライター情報:丸本大輔

「おひさま絵本童話大賞」の受賞をきっかけに、執筆時のペンネームをひらがなに変えたあさのさん。“声優・浅野真澄”としては、「一騎当千」シリーズ(孫策伯符役)、「これが私の御主人様」(沢渡いずみ役)などのアニメで主演。「いばらの鳥」(ソ・ジョンウン役)など、海外ドラマや映画の吹き替えでも活躍しています。また、「アニスパ!」などラジオ番組のパーソナリティとしても人気。2007年の「第1回声優アワード」では、「ベストパーソナリティ賞」を受賞しました。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

でも、無料で公開していた文章だから、それを本にした途端、お金を取るってことにちょっと抵抗があって。「本にしてもらえるのなら、書き直したいです」と言って書いたのが『ひだまりゼリー』なんです。ただ、原稿を書いた後に色々とあって。1回、お蔵入りになっちゃったんですよ。
――え、そうなんですか!
あさの その時、声優の仕事を通して知り合いだった角川書店の(現社長の)井上伸一郎さんから、JIVEという出版社さんを紹介してもらって。JIVEの編集者さんに原稿を読んでもらったら、本にしましょうと言ってくれたんです。実は、JIVE以外にも、いくつか本にしても良いと言ってくれた出版社はあったんですね。でも、そういう所はどこも、「ラジオパーソナリティの時のキャラクターっぽく、毒舌な感じで書きましょう」とか、「声優ぶっちゃけ話にしましょう」って話で(笑)。
――ありそうな話ですね。
あさの でも、元々、本を読むのが好きだったし、せっかく自分の子供の頃の大事な思い出を書いたのだから、そういう本にするのは嫌だなと思って。JIVEの編集者さんだけが、「今ある形を大事にして、そのまま本にしましょう」と言って下さって。じゃあ、お願いします、と。

●「共感をもってもらえるのは、子供の頃の思い出かな」

――『ひだまりゼリー』、非常に暖かみのある文章で書かれていて、大好きなエッセイなのですが。日記に「やっほー!」と書いてた状況から、意識を変えただけで、このような文章を書けるようになったのですか?
あさの 徐々にという感じです。それまでは、大学の卒論くらいしか、まとまった文章を書いたことがなくて。ただ、子供の頃に作文が好きだったので、そういうことを思い出したりしながら書いていました。そうやって、丁寧に文章を書いていくと、自分のなかでもやもやしていたことが、くっきり形になっていくというか……。自分の中身が整頓される感覚もあったんです。文章を書くって、こういう効果もあるんだな、と。そんな発見もありました。
――収録されているエッセイの多くは、子供の頃の家族との思い出について書かれた作品ですね。そこにはどんな狙いが?
あさの 私、向田邦子さんの『父の詫び状』というエッセイがすごく好きで、そういう本を書きたいというのがあって。それと、小学生くらいまでの思い出って、自分とは違う年代の人と話していても、わりと似ていることが多いんですよ。

ライター情報

丸本大輔

1974年生まれ。フリーライター。瀬戸内海で生まれ育ち、現在は東京の西側在住。インタビューを中心に活動。得意ジャンルは、アニメ、マンガ、サッカーなど。

URL:Twitter:@maru_working

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!