今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

なぜ「マスコミはウソばっかり」になるのか『雇用の常識 決着版!』

2012年9月20日 11時00分 ライター情報:香山哲

『雇用の常識 決着版「本当に見えるウソ」』海老原嗣生/筑摩書店
総務省発表などの公のデータに、妥当になるような統計処理をして雇用にまつわるウワサを検証していく本書。新聞やテレビに惑わされないためのリテラシーを身につけたり、働くスタイルについて考える情報ソースにもなるぞ。

[拡大写真]

日々ニュースとかを見ていると、「新卒の正社員雇用が激減」とか「年金システムが崩壊寸前」とか、ショッキングな言葉がならんでいて、「日本もう終わってるな」「やっぱりもう欠陥が蓄積しまくった社会になっちゃってんだよな」って感じになる。

だけどどの記事見ても、どういうデータをどう解釈してその記事書くに至ったのか、全然書いてないことが多い。そしてショッキングな見出しの「ウソ率」は意外なほど高い。名前こそ有名立派な新聞だけど、データの「こねくりまわし」も日常茶飯事。

そんな記事の元となったデータを、妥当なプロセスで読み取ってゆく『雇用の常識 決着版「本当に見えるウソ」』が文庫として出た。ただ「マスコミはウソばっかり」というのではなく、「こういうトリックで、こういう社会構造を無視して、こういう見出しを作ったんだな」というのが数字と理屈で解る、非常にお見事な本だ。

本書は序盤たった50ページで「日本型雇用崩壊の噂」を検証する。真面目に統計データを見て、思い込みを排除して、いろんな可能性を、ざっくり優先順位をつけてスマートに考慮している。そうして得られる結果は以下の通り。

終身雇用は崩壊していない
転職はちっとも一般化していない
若年の就労意識は三〇年前のまま
就職氷河は、企業に責任転嫁された
本当の成果主義なんて日本に存在しない

という感じだ。別にこれは主張ではない。それぞれを見ると多くが「ではない」というような形で終わっているのがわかる。つまり、「こうなんじゃないか」というニュースが広めた世間の認識をにたいして、「いや、別にデータからはそうは読み取れないっす」という感じだ。まさに検証。

たとえば若者の非正規雇用。僕が新聞社の人間なら、できるだけ非正規の割合が高いことを報じたいと思うだろう。そう思ったとき、どうするかというと、

学生バイトの人数を合算する。
中卒と高卒を合算する。

これだけで一気に「非正規5割」が言える。でも大卒と院卒だけのデータだと、非正規の割合は男性で10.8%、女性で33.5%となる(総務省統計局「労働力調査2009」)。

こういうデータを見ていると、女性の社会進出や、中卒高卒の雇用状況の方が問題に思える。だけど新聞は、「もらい逃げする高齢世代」「損ばっかりのかわいそうな若者」という解りやすい構図を打ち出しているように見える。

同じようにワーキングプアの問題も、「わざとあんまり稼いでいない」、パートの主婦やバイトの学生、年金をもらっている高齢者などを合算したデータを用いている場合が多いという。

ライター情報

香山哲

漫画やゲームを制作するチーム「ドグマ出版」主催。著作に『ランチパックの本』や『香山哲のファウスト1』(文化庁メディア芸術祭推薦作品)など。

URL:Twitter:@kayamatetsu

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!