今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

止まらない初音ミク「美術手帖 初音ミク特集」

2013年6月6日 11時00分 ライター情報:たまごまご

『美術手帖』6月号は、初音ミク特集。初音ミクを表現するツールとして、また表現活動連鎖の装置として、数多くのインタビューが載っています。一番の見所はmebaeの描く巨大初音ミクの屏風みたいなイラスト。グラフィグ初音ミクもついています。

[拡大写真]

「僕が思うのは、あれは日本のお家芸ですね。つまり、人形浄瑠璃にしても、辻村寿三郎さんの人形舞にしてもそうですけれども、人間が生で演ずるよりもすごいものがあるんですよね」
冨田勲はこう語りました。
なにのことか?
初音ミクのことです。

『美術手帖』6月号は初音ミク特集です。
冨田勲は、宮沢賢治を題材にした「イーハトーヴ交響曲」で、300人のオーケストラの中にプリマとして初音ミクを登場させました。
なぜ初音ミクなのか?
「例えば『風の又三郎』では、休みが終わって学校に行くと見慣れない子どもがいて、その子は台風が去るといなくなる。子どもたちも、よそ者ではあるけれど、どこか尊敬の目を持ってそれを見ている。そういう不思議さのある役には、初音ミクがどうしてもほしかった」
「初音ミクのキャラクターそのものがバーチャルで、ふっと現れてふっといなくなる、みたいなものだとわかった」
ミクは、風の又三郎だった。

今回の『美術手帖』の特集では大きく2つ点、解説されています。
表現するためのツールとしての初音ミク。
表現活動が活性化していく装置としての初音ミク。

初音ミクそのものが美術、とはどこにも書いていません。
例えば、supercellのryoは「人が歌った名盤が100点とすると、ボーカロイドは相当がんばっても20点しか取れないという感覚を持っています」と語ります。
では、なぜ初音ミクを人はツールとして使うのか。

「ニコニコ動画を初めとする投稿サイトコミュニティーの中なら、このソフトひとつですごく楽しめる。初音ミクはその輪に入って遊ぶための、参加チケットみたいなものかもしれません」
「ある曲をアップすると、その曲を聞いた人がそこからヒントを得て、さらに進化させた作品をつくることができる」(ryo)

気軽に触れることができる、ツールとしての初音ミク。
通常歌い手のことを考えないと曲は作れませんが、ミクは存在しない少女です。

「完成した曲を歌う「誰か」が存在しないので、自分の好きなように歌詞や曲を書けるという点です。そこに人格がないのが、むしろいい(ピノキオP)」

ではキャラクターはどうなのか?
初音ミクには設定がありません。
あるのは、ツインテールで、緑青の髪で、ニーソックスで……という記号。
この記号をいれると、なんでも初音ミクになる。

表紙と折込にある、イラストレーターのmebaeのイラストが実に面白いんです。
表紙はまるで初音ミク曼荼羅です。
巨大イラストにいたっては、屏風そのもの。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!