今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

社会の実権をにぎっている「おじさん」たちの勘違い。古市憲寿『だから日本はズレている』

2014年4月18日 10時00分 ライター情報:HK(吉岡命・遠藤譲)

『だから日本はズレている』古市憲寿/新潮新書
クール・ジャパン、デモ、ネット炎上、ノマド……当事者たちは真剣にとりくんでいることでも、外の人から見たらなんだかかピントがズレている気がするような現象が日本社会にはたくさんある。それは「おじさん」たちと「若者」たちとの「ズレ」でもあるのだ。気鋭の若手社会批評家がその原因を分析する本書。読了後の感想はいくつかに分かれることが予想される。いずれにせよ、その「ズレ」の隙間から様々な議論が噴出してくるだろう。

僕が中学一年生の頃の話だ。
担任の先生は50歳前後のおじさんだった。髪の毛が薄かった。
ところが、夏休みが終わり、ホームルームで久しぶりに顔を合わせると、その髪が猛烈に増えていた。そりゃあ、教室はざわついた。でも誰も先生にそのわけを訊かなかった。だって、見れば分かるんだもの。
次の日から生徒たちは陰で、彼をあだ名で呼ぶようになった。それはもう、この上なく安直な蔑称だった。翌年、彼は学校からいなくなった。
別に薄くたっていいじゃないか。変に隠して若ぶろうとするから笑われるんだ。なぜ、周りの大人たちは教えてやらなかっただろう? あの頃の僕には不思議だった。
あんなにズレていたのに。

古市憲寿の新著『だから日本はズレている』を読んで、そんなことを思い出してしまった。
1985年生まれの古市は「朝まで生テレビ!」にも出演する若手社会学者。25歳のときに上梓した『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 』(2010)では「終わりなき自分探し」を「若者」たちに強制する社会へ向けて「あきらめさせろ」と主張し、『絶望の国の幸福な若者たち』(2011)では格差社会の犠牲者として語られがちな「若者」たちの実に70パーセントほどが「幸福」だと感じているというデータを用いて、「社会」という「大きな世界」に不満はあれども、生活圏である「小さな世界」には満足しているということを指摘した。
20代最後の年に出版した本書は、現代日本の実権をにぎっている「おじさん」たちの勘違いや的外れっぷり、すなわち「ズレ」の正体を解明しようとする。そして後半ではその「ズレ」のなかでもがく「若者」たちの実態を描く社会批評である。

「ズレ」は日本社会のいたるとこに存在するようだ。
たとえば、首相が短期間で変わる日本には「強いリーダー」が必要だ、という風潮が世の中にはある。しかし古市は、そんなものは別にいらないと言う。スティーブ・ジョブズのような成功者の例ばかりをとりあげて安易に理想化するところが気持ち悪い。不安な時代だからこそ人々は救世主を求めるが、独裁制はデメリットのほうが大きい。むしろ「『強いリーダー』がいなくても大丈夫なくらい、豊かで安定した社会を築き上げてきたことを誇ればいい」。

だが現代は豊かで安定しているだろうか? 国債などの国の借金は約1000兆円にもなるし、少子高齢化は進行するいっぽうだし、将来的に年金がちゃんと支給されると断言できないし、中国や韓国との関係は緊張しているし、なにやら排外主義的な空気が漂っているし、しかも原発の問題は依然として解決してないし……問題は山積みではないか。

ライター情報

HK(吉岡命・遠藤譲)

男子2人組の編集者&ライターユニット。ノンフィクション書評、労働・貧困問題、ネット右翼、炎上検証、突撃ルポなど。お仕事のご依頼はツイッターまで。

URL:Twitter:@HKeditorialroom

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!