今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

新訳でびっくり。カフカ『変身』の主人公は、本当に「毒虫」に変身したのか

2015年4月8日 10時50分 ライター情報:米光一成

多和田葉子による新訳カフカ『変身(かわりみ)』が『すばる』2015年5月号に一挙掲載。

[拡大写真]

『すばる』2015年5月号に一挙掲載された多和田葉子による新訳カフカ『変身』は、これまでの訳と大きく違う。
あまりにも有名な最初の一文は、こうだ。

“グレゴール・ザムザがある朝のこと、複数の夢の反乱の果てに目を醒ますと、寝台の中で自分がばけもののようなウンゲツィーファー(生け贄にできないほど汚れた動物或いは虫)に姿を変えてしまっていることに気がついた。”

岩波文庫、山下肇訳とくらべてみよう。
“ある朝、グレゴール・ザムザがなにか胸騒ぎのする夢からさめると、ベットのなかの自分が一匹のばかでかい毒虫に変わってしまっているのに気がついた。”

「毒虫」の部分は、原書では「Ungeziefer」という単語にあたる。
「ウンゲツィーファー(Ungeziefer)」を辞書で引くと「害獣」という訳語が出てくる。
虫だけではなく、ネズミや、ばい菌なども含む「害のある小動物」で、まあ、主に「虫」というイメージの単語のようだ。
ザムザが変身してしまった虫は、小説の中では毒を持っている描写はない。
「毒虫」という訳は、「害」の部分のインパクトを強くうち出した訳だろう。

いままでは、ほとんどの訳が「虫」か「毒虫」だ(種村季弘訳が例外で「甲虫」になっている)。

多和田葉子訳は、これを、「ウンゲツィーファー」と、原書のドイツ語そのままカタカナ発音で書いた。

「カフカを訳してみて」(『すばる』2015年5月号)というテキストの中でこう書いている。
“害虫をさす言葉で、実際ザムザの新しい身体は巨大な甲虫を想い起させるので、害虫とか甲虫とか訳してもいいが、ウンゲツィーファーという単語の語源を調べてみると、「汚れてしまったので生け贄にできない生き物」という意味があると知った。”

原書ではUngezieferという一語を、“ウンゲツィーファー(生け贄にできないほど汚れた動物或いは虫)”と長い文章にした。

「胸騒ぎのする夢」「不安な夢」「落ち着かない夢」等と訳されてきた部分も、多和田葉子訳では、「複数の夢の反乱の果てに」である。これも原語では二語の部分が、拡張されている。
原文が持つ何かを、するすると突っかかりのない日本語にするのではなく、乱反射するような日本語で書いた。

この書き出しの一文、語順も可能な限りドイツ語のままだ。
たとえば、他の翻訳では、「ある朝」からはじまる(一挙に9つ並べてみよう)。

“ある朝、グレーゴル・ザムザがなにか気がかりな夢から目をさますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した。

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!