今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

メタル、ツメを折る、綿棒、スリムケース…『日本カセットテープ大全』懐かしさに悶絶

2015年6月16日 10時50分 ライター情報:米光一成
ハイポジ、メタルテープ、エアチェック、ツメを折る、FMレコパル、FM STATION、TDK AD、ヘッドの掃除、カセットレーベル、インデックス、インスタントレタリングシート、maxell、半透明ハーフのAXIA46分テープ、DENON50分テープ、ヘッドイレイサー、スリムケースの登場!
懐かしさでおかしくなりそうだったので、立ち読みをやめて、買ってきた。
『日本カセットテープ大全』(辰巳出版)。
『日本カセットテープ大全』(辰巳出版)

メタル、ハイポジ、スリムケース!


目に飛び込んできたのは、1ページにドンと巨大に(実物より大きい)ソニーのカセットテープの写真。
「LOW-NOISE C60」、白と朱色のラベル、黒のSONYロゴ。
表紙写真ではそうでもなかったのに、本を開いてこいつの写真を観ると、わーってなった。
脳内には懐かしさによって出るホルモンみたいなものがあって、それがいま大量に出ている!
奇妙な興奮とともにページをめくると、出てくる出てくるカセット・テープの写真。
ソニー編、TDK編、maxell編、富士フイルム・AXIA、That's DENONなどなど。
基本1ページに1タイプのカセット・テープの写真、ケース入りと、ケースなし。
発売年とタイトル、下部に解説。
これ高いから1本しか買えなかったんだよな、黒デザインが好きだったなDENON、これ近所の電気屋が5本セットで安売りしててよく買ったな、スリムケースが出てしびれたよなー、AXIAは軟弱だと思ってたんだよな、ページめくるたびに興奮である。
家に残ってるはずのカセットテープを探すがどこにあるか判らず。写真は、ライターの安田理央さんから提供してもらいました。

FMレコパル、インデックス、綿棒!


各コーナーも充実。
・懐かしのテープグッズ狂想曲(ワインダー、Dr.ジキル、綿棒!)
・マイテープ作りの極意を伝授!(インスタントレタリングシート!)
・ーmaxellインタビュー(現在、日本でカセットテープを生産販売している唯一の大手メーカー)
・昭和カセットテープCMデータベース
・カセットテープヒストリー、
・カセットテープお作法講座
・ミュージックテープの現在と未来
・インディーズ系ミュージックテープの魅力
ライター安田理央さん所有のカセットテープ。ちなみに「ピンク・レディーインUSA」は先週買ったそうです。

エアチェックしてマイテープ作っていた青春の日々が走馬灯のように蘇り、これが強烈に作用したら死の直前の体験ができるんだなと実感してしまうほど強烈な青春回顧悶絶本だ。中学高校時代、カセットテープがいかに自分にとって大切な存在だったかをまざまざと思い出させられた。オススメ。
(米光一成 写真提供・安田理央

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!