今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

蒼井優の質問で気づいた。没後400年、シェイクスピアはやっぱり凄い

2016年4月23日 10時00分 ライター情報:近藤正高
イギリスの劇作家、ウィリアム・シェイクスピアが死んだのは1616年4月23日、つまりきょうでちょうど400年が経つ。ちなみにシェイクスピアの生年は1564年で「ヒトゴロシ」、没年は「イロイロ」と語呂合わせにすると覚えやすい。実際、1616年は色々あった年で、シェイクスピアの亡くなる前日には、『ドン・キホーテ』で知られるスペインの小説家・セルバンテスが没しているし、日本でも6月1日(和暦では元和2年4月17日)に徳川家康がこの世を去った。
松岡和子『深読みシェイクスピア』(新潮文庫、5月1日発売予定)。著者の松岡は、彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督である蜷川幸雄に任され、同劇場で上演するシェイクスピア劇すべての新訳を手がけている。なお新潮文庫からは本書とあわせて河合祥一郎『シェイクスピアの正体』も刊行される

言うまでもなく、シェイクスピアの戯曲はいまなお世界中で上演され続けている。映画やドラマでとりあげられることも多い。黒澤明のように、時代設定を日本の戦国時代に置き換えて映画化したケースもある(黒澤の「蜘蛛巣城」「乱」はそれぞれ『マクベス』と『リア王』を下敷きにしている)。舞台演出家の蜷川幸雄もまた、1980年に「NINAGAWAマクベス」と題してオランダや本場イギリスで公演するにあたり、俳優たちに武士の衣裳を着せるという大胆な演出を行なった。なお、蜷川幸雄によるシェイクスピア劇の軌跡は、昨年出た『蜷川幸雄とシェークスピア』(蜷川と秋島百合子の共著、角川書店)という本にくわしい。

演出ばかりでなく、日本においてシェイクスピア劇は、明治の坪内逍遥以来、その翻訳も時代ごとに変遷してきた。松岡和子『深読みシェイクスピア』(新潮選書、2011年。この5月には新潮文庫版が刊行予定)では、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の有名なバルコニーのシーンでのジュリエットのセリフが、これまでいかに翻訳されてきたか、ここ百年間の各訳書よりその箇所だけずらりと引用している。当然ながら原文は同じなのに、ここまで語調が違ってくるものかと驚いてしまう。

シェイクスピア新訳の完成はページとステージを往き来しながら


『深読みシェイクスピア』は、1996年よりシェイクスピア戯曲の個人全訳に取り組む松岡和子へのインタビューをまとめたものだ(聞き手は小森収)。そこでは松岡が翻訳の過程で見出した作品の新たな解釈が多々語られている。

翻訳というと原典にひたすら向き合うものと思いきや、松岡のスタイルはそうではない。これというのも、彼女の手がけるシェイクスピア戯曲は本来、舞台用の上演台本だからだ。《ページとステージの往還によって戯曲の翻訳は完成する》と当人が表現しているように、松岡の台本はいったん書きあがり関係者に配布されてからも、制作現場で役者や演出家の意見を聞きながら、必要とあればそのつど直していくことでようやく決定稿となる。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!