今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

【速報】決定!マンガ大賞2017は『響~小説家になる方法~』

2017年3月28日 13時00分 ライター情報:松浦達也
「マンガ好き同士がマンガの話をしながら飲みたい」を合言葉に始まったというマンガ大賞。10年めとなる今年のマンガ大賞2017が発表された。大賞は『響~小説家になる方法~』(柳本光晴)。ビッグコミックスペリオール(小学館)で連載中の作品だ。

もともとマンガ大賞の選考対象となるのは、「対象年(今年は2016年1月1日から12月31日まで)に単行本が発売されていて」「最大巻数8巻以内」のマンガ。つまり「いま旬の」「若いマンガ」に光を当てようという賞だ。作家は大御所でも新人でも構わない。作品さえ若ければいい。売れているマンガ家も、新人も同列に扱われる。

この10年の受賞作家もバラエティに富んでいる。『岳』が処女作だった石塚真一のようなまったくの新人もいれば、1980年代に『BANANA FISH』で大ブレイクしていた吉田秋生のようなベテランもいる。たくさんのアシスタントと一気呵成に描き上げる作家もいれば、少人数でコツコツと描き込んでいく作家だっている。

そして今年の受賞作家もこれまでになかったフィールドから出てきた作家だ。同人活動からそのキャリアをスタートさせ、その後、2012年頃から月刊誌での読み切りや連載を開始。そして2014年今回の大賞受賞作『響~小説家になる方法~』の連載がスタートした。

異色と言えば、『響』の設定もちょっと変わっている。これまで「文学」をテーマにした漫画作品と言えば『文豪ストレイドッグス』(朝霧カフカ/春河35)のように文豪をモチーフにそこから膨らませるような作品が多かった。村上もとかの『私説昭和文学』、古屋兎丸の『人間失格』なども実在した文芸作家やその作品を題材としている。

だがこの作品の主人公は、一見どこにでもいるメガネの地味な女子高生、鮎喰響(あくい・ひびき)だ。作中の会話などに文豪の名前こそ出てくるが、いまのところ特定の文豪や文芸作品を下敷きにした展開は見当たらない。棚を作るとすれば「文芸マンガ」となるのだろうが、過去の"文豪マンガ"とはまた一味ちがう設計でストーリーが展開されている。そのアイデアの源泉や今後の展開について、これから授賞式に登壇するという柳本光晴にも質問が投げかけられるはずだ。

ちなみに作者のブログではノミネート以来、マンガ大賞の話がすごい勢いで盛り上がっている。詳細は1月31日以降のエントリーを見ていただきたいが、ノミネートされてからというもの、ブログにはマンガ大賞のことしか書いていない!

「もし大賞とったらどうする!」
「重版重版ですよねー」
「そしたら夢のタワマンだよね!」
「やっぱ品川とかは遠いし、アシスタントさんも来づらいから、やっぱ中野かな」

なんていうアシスタントとのやりとりを綴った1月31日のエントリーでいきなりテンションMAX! 続く2月2日のエントリーではスピーチのシミュレーション第一弾。

ライター情報

松浦達也

ライター/編集者にして「食べる・つくる・ひもとく」フードアクティビスト。マンガ大賞選考員。著書に『大人の肉ドリル』、『新しい卵ドリル』(ともにマガジンハウス)など

URL:Twitter:@babakikaku_m

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!