本・漫画・電子書籍 記事一覧

今注目のアプリ、書籍をレビュー

バックナンバー 2017年10月

光浦靖子&大久保佳代子「オアシズ」相方に媚を売った過去、相方の男を奪った過去など岡村靖幸と対談 エキサイトレビュー (10月27日)
光浦靖子&大久保佳代子「オアシズ」相方に媚を売った過去、相方の男を奪った過去など岡村靖幸と対談

かつては、“男ウケ”することこそが正義だったお笑い界。もちろん、今は決してそんな時代じゃない。何しろ、お笑いライブの観覧層の大半は女性客。女性ファンの価値観に“ズバン!”とハマる感性を携えることは、成...

広島敗退…それでもやっぱりCSは必要だ。里崎智也『捕手異論』でCSの重要性を理解する エキサイトレビュー (10月26日)
広島敗退…それでもやっぱりCSは必要だ。里崎智也『捕手異論』でCSの重要性を理解する

24日、プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)が終わり、セ・リーグはレギュラーシーズンで優勝した広島カープがシーズン3位だった横浜DeNAベイスターズに敗退するという波乱が起こった。シーズン3位のチ...

『ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?』そうか、だから捨てるのか…凄い、書名に偽りがない エキサイトレビュー (10月24日)
『ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?』そうか、だから捨てるのか…凄い、書名に偽りがない

『ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?』このタイトルを目にした人のうち、おそらく9割以上が、2016年の初頭に世間を騒がせた、あのミュージシャンの顔を思い浮かべるだろう。ここで名前を出そうとは思...

「馬場ふみか2018カレンダーブック」本当は女の子のこういう格好が見たいんだよ、ゆるい、素晴らしい エキサイトレビュー (10月22日)
「馬場ふみか2018カレンダーブック」本当は女の子のこういう格好が見たいんだよ、ゆるい、素晴らしい

ボクサーパンツの丈を短くしたような形の、ボーイズレッグショーツという女性用下着がある。グレーの生地でゴム部分の幅が太いデザインだとセクシーさはあまりなく、男性受けが悪いと言われそうだ。だけど、グレーの...

「植木等とのぼせもん」21日最終回!『昭和と師弟愛』読んで植木等と小松政夫、愛のエピソードに浸るべし エキサイトレビュー (10月20日)
「植木等とのぼせもん」21日最終回!『昭和と師弟愛』読んで植木等と小松政夫、愛のエピソードに浸るべし

国民的スター・植木等とその弟子・小松政夫の若き日々を描いたNHKの土曜ドラマ『植木等とのぼせもん』が最終回を迎える。ドラマ化にあたり、小松政夫のこれまでの歩みに関心が寄せられており、ドラマの原作となっ...

「宇宙戦艦ヤマト」の真実。因縁とかスキャンダルより、創作の秘密が凄すぎる エキサイトレビュー (10月18日)
「宇宙戦艦ヤマト」の真実。因縁とかスキャンダルより、創作の秘密が凄すぎる

SF設定の担当者が明かす仕事術『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版アニメ映画が公開されてから、今年で40年目になる。もうそんなに経ってしまった。もともと“ヤマト”は、テレビ放映用にオリジナルのアニメシリーズとし...

死者を蘇らすことに成功した男への哀悼の書『ジョージ・A・ロメロ』ゾンビという発明 エキサイトレビュー (10月10日)
死者を蘇らすことに成功した男への哀悼の書『ジョージ・A・ロメロ』ゾンビという発明

ジョージ・A・ロメロが死んだ。ゾンビの父、キング・オブ・ザ・デッド、モダンホラーの帝王などなど、ロメロを称する言葉は様々あるが、ともかく1978年に発表した『ゾンビ』(原題:DawnoftheDead...

姫乃たま『職業としての地下アイドル』地下アイドルとヲタたちの優しい関係 エキサイトレビュー (10月4日)
姫乃たま『職業としての地下アイドル』地下アイドルとヲタたちの優しい関係

あれは「ももいろクローバーZ」を見にわざわざマレーシアまで行った頃だから、2012年の初夏のことだ(そのときの顛末はエキレビでもレポートした)。出発の前に、ももクロの曲を少しは勉強しておこうと、渋谷の...