今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

〈中で出すのが愛なのか〉エロ歌人・佐々木あららが冷えピタ女子で……!?

2010年9月15日 11時00分

缶ビールを手に酔っぱらっているようにも見えるが、飲み会での話もアイデアになることがあるというのだから、実は冷静。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

それならば、とハッシュタグ「#hiepitagirl」をつけて、様々なシチュエーションを妄想をつぶやく。はてなブログに「我、冷えピタ女子を愛す」というタイトルで、つぶやきをまとめたものをアップした。
ついにはイベントまで開催。

8月29日のイベント当日、待ち合わせ場所の渋谷ハチ公前にキャスター付きバッグをひいて登場。中には15箱以上、計100枚以上の様々なメーカーの熱冷まし系シートが詰まっていた。
「佐藤真由美さんの本で紹介されていて知りました。恋愛についての内容が共感できるし、本音を歌っているところが魅力。〈追いつけない夢ばかり見る いつだって君があっちを向いて寝た日は〉という歌が好きです」と語るあららファンの女子(美人!)をはじめ、計9名が集まった。センター街や代々木公園を冷えピタご一行が練り歩き、撮影会を行った。

エキサイトレビューのためにあらら氏が詠んでくれた冷えピタ短歌がこちら。

坂道を漕ぐ 冷えピタが世界一似合う女の名を叫びつつ

銀色は色じゃないねとつぶやいてまた海を見る冷えピタの君

はつなつの冷えピタ女子もはつねつの冷えピタ女子も好きで季重ね

代々木公園の階段で、あららファンの女子が転んで怪我をしてしまうというアクシデントがあった。オロオロする面々の中で、咄嗟に水を買いに走り、彼女の足にかけて砂を落としあげていた佐々木あらら。女性の心をつかむことをさらりとやってのける、モテる歌人に注目だ。

庭先でゆっくり死んでゆくシロがちょっと笑った夏休みです

この歌が好きだと伝えたら、日本酒を飲みつつ「お前はわかってない」と言われてしまった。セックスに関する歌を大きな声で「好きだ」と言えない自分を見透かされたようだ。(畑菜穂子)
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!