今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

日本人が世界王者! いま大流行のボードゲーム「ドミニオン」について教えます

2011年10月31日 11時00分 ライター情報:杉村啓

ドミニオンでは場にこんな感じでカードが並び、緑(と紫)が勝利点カード、黄色が財宝カード、白いのと青いのがアクションカードになります。これらを買って自分のデッキを強くしていくのです

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

10月22日にドイツのエッセン国際ゲーム祭で開催された、第一回ドミニオン世界選手権において日本代表のルネさんが優勝し、世界の頂点に立ちました! めでたい! ルネさんおめでとうございます!

……と、言われても「ドミニオン」って何? それってどれだけ凄いの? という人もいるでしょう。ちょっと解説をしてみたいと思います。


ドミニオンはボードゲームです。ボードゲームというと、ひょっとしたら「すごろく」とか「人生ゲーム」とか「モノポリー」とかを思い浮かべるかもしれません。

ですが、実は世界ではいま次から次へと新しいボードゲームが誕生していて、知的遊戯として一定以上の地位を得ているのです。そう、ボードゲームとは大人が遊ぶゲームなのです。

特に盛んなのがドイツで、良質なゲームを世に送り出し、毎年ドイツ年間ゲーム大賞やドイツゲーム大賞といった賞を確立したり、エッセンでボードゲームやカードゲームの展示会である国際ゲーム祭を開催しています。このお祭りは4日間開催され、来場者は約15万人という文字通り世界最大のボードゲーム・カードゲームのお祭りなのです。


そんなボードゲーム界を発売以来文字通り席巻し続けているのが、2008年(日本では2009年)に発売されたドミニオンなのです。

ドミニオンは「デッキ構築型ゲーム」と言われています。カードを集めたそれぞれのデッキ(山札)を自分で作りながらゲームをしていくというのが特徴です。従来のトレーディングカードゲームと呼ばれるカードゲームは、あらかじめプレイヤーは自分でカードを購入し、自分でデッキを作ってからそれを持ち寄って遊ぶというものでした。ですが、このドミニオンでは、そのデッキをつくるところもゲームにしてしまったのです。

ドミニオンのカードは大きく分けると3種類。「勝利点カード」「財宝カード」「アクションカード」があります。

「勝利点カード」は文字通り勝利に必要な得点を意味しています。ゲーム終了時に一番この勝利点カードにかかれた勝利点が多かった人が勝利となります。

「財宝カード」はお金です。ドミニオンでは全てのカードに価格が設定されていて、このお金カードを使って購入することができます。

「アクションカード」はさまざまな効果を持ったカードです。プレイヤーは自分に有利になるようにこのアクションカードを使っていきます。

どこがデッキ構築型と言われるのか。それは「財宝カード」があるからです。

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!