今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』アニメ放映直前に作者を直撃

2011年1月7日 11時00分 ライター情報:たまごまご

変態妹の暴走っぷりが痛快なラブコメディ『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』が1月からアニメ化。放映直前に、原作者草野紅壱氏にインタビュー!

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

来年1月からアニメ化される『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』。タイトルのインパクトはもちろん、現在公開されているPVもテンションMAX! ハイパー変態妹コメディとして期待されている作品です。
今回はその原作者、草野紅壱氏にインタビューしてみました。

名前長いよ!

ーー 『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』はなぜこのようなタイトルになったんでしょう?
草野:実はこの異常に長いタイトルは『コミックハイ!』編集部からのご提案なんです。とにかく引きの強いタイトルにしたいと。
ーーにしても長いですよね(笑)
草野:あまりに長くて『WEBコミックハイ!』のビュアーにタイトルが全部入りきらないんです。ちなみに僕がご提案したタイトルは「妹異常恋人未満」という微妙な感じのものでした(汗)
ーー『お兄ちゃんのことなんか』までしか入ってないですね(笑)。これ短縮名とかあるんでしょうか?
草野:特に決まっていないんですよ。担当さんと僕との間では「お兄ちゃん~」「お兄ちゃん(略)」という感じで話していますから強いて言うなら「お兄ちゃん」が短縮名でしょうか(;´Д`)
ーー ではこれ以降『お兄ちゃん~』で会話進めていきます(笑)

テーマは思春期の欲望?

ーー アニメ化ということでどんなお気持ちでしょうか。
草野:アニメ化に関して、正直僕くらい驚いている人はいないと思います。自分の描いた漫画がアニメ化されるという事も勿論、漫画の内容が内容ですので公共の電波に乗せて良いものやら、という意味で(苦笑)
ーー かなりギリギリ……ですね(笑)
草野:そもそも扱っているテーマが兄妹ものという問題を含んでいますし、直接的な描写は出来るだけ控えてはいるものの、全体的に思春期とエロが話の中心にならざるを得ないですからね。もちろん企画当初はアニメ化なんて事は想像もしていなかったので……。
ーー 最初からエロコメになるのは想定して描かれていましたか?
草野:はい、第一話を描いた時点でほぼ現在の方向性は確定していました。というよりは、奈緒(編注・ヒロインの妹。お兄ちゃんが大好きすぎて暴走する変態少女)というキャラクターを考えた時点で確定していたという方がいいのかも知れないですね~。
ーー どのキャラも欲望に忠実な作品ですよね。
草野:基本的には自分の描く漫画の登場人物、特に主役格・レギュラー格の登場人物には出来るだけ何らかの欲望を持たせる様にしています。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!