今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

関ジャニ∞下積み約6年からとうとう全国進出、5大ドーム制覇!

2012年4月16日 11時00分

関ジャニ∞初の5大ドームツアー、大阪・京セラドームでの最終公演を収録した「KANJANI∞ 五大ドームTOUR EIGHT×EIGHTER おもんなかったらドームすいません」。左から初回限定盤DVD(ぷっくり仕様パッケージ)、通常盤DVD、Bru-lay Disc盤の全三種。本編を見るなら絶対メイキングも見とくべき!ということで、初回限定盤DVDが断然おすすめ。

[拡大写真]

新たな何かが始まり、くじけそうになることも多いこの季節。がむしゃらになるのってなんだかダサイし、失敗したらカッコ悪いし、まぁそこそこな感じでいいかぁ…なんて思ってしまうこともある。でも、目標に向かって必死でがんばることや、がむしゃらにやり切って全力で喜ぶことは、はたから見ていてものすごくカッコいいこと。3月に発売された関ジャニ∞のコンサートDVDから、そんな熱いメッセージが伝わってくる。色々と大変なこの春にガンガン見たい作品かもしれない。

2011年11月~2012年を迎えるカウントダウン公演まで、計47万人を動員した関ジャニ∞のコンサートツアーが映像化された。「KANJANI∞ 五大ドームTOUR EIGHT×EIGHTER おもんなかったらドームすいません」初回限定盤DVD通常盤DVDBru-lay Disc盤の計3種)。札幌・福岡・東京・名古屋・大阪を計10公演でまわった、関ジャニ∞にとって初の5大ドームツアーだ。

「5大ドーム」。今年デビュー8周年イヤーを迎えた関ジャニ∞にとって初めてのその響き。努力を重ね、ようやく達成したその嬉しさが大爆発したツアーとなった。

ビジュアルや構成などに大きくかかわる今回のツアーコンセプトは、「野球」。初回盤DVD収録のメイキング映像で、発案者の錦戸が照れくさそうに語る。「ドームって全部野球場じゃないですか。初めての5大ドームツアーだから、野球絡められたらいいなぁと思って。で、プレゼンしてみんなに見して。キャップも、どうせ野球でやるなら作ろうって結構前から言って、作ってもらいました。僕の思いつきから言ったのがどんどん大事になっていってどうしようって途中焦りましたけど、でも、いいんじゃないですかたまには」

映像として形にするために錦戸が相談したのは、映画監督の中村哲平。2010年、関ジャニ∞主演で制作された短編映画「8UPPERS」の監督だ。そうしてできた、ショートムービーのような大迫力のオープニング映像。今ツアーと同時期に公開されていた映画「ワイルドセブン」出演のために中型・大型免許を取得した丸山がバイクで登場するなど、メンバーの個性がおおいに生かされ、「キャーッ!」としびれた後に「ギャハハ!」と爆笑できる、関ジャニ∞を知り尽くした中村監督だからこその内容だ。メンバーがそれぞれの方法で野球場に向かい、野球場に登場し、ユニフォームに着替えてグラウンドに向かうところで映像は終了し、メンバーの登場となる。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!