今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「ぐだぐだフェアリーズ」から「ぐだぐだフェアリーーズ」だ。「gdgd妖精s」2期が3倍楽しい用語解説

2013年1月18日 11時00分 ライター情報:たまごまご

ちょっとー! このロゴどっかで見た気がするんですけどー! 相変わらず攻めの姿勢で、可愛い妖精とシュールな世界が入り交じるハイテンションプレスコ・時々アドリブアニメ、『gdgd妖精s』二期。内容は基本変わらないですが、初見お断りなネタもたっぷり。そのままでも楽しいですが、せっかくなので見る前に基礎知識を学んでおきましょう。

[拡大写真]

『gdgd妖精s』2期が始まったぞー!!
で、第1話・2話が今見られるのですが。

gdgd妖精s #1

いきなりはじまる謝罪会見。
あれ、どっかで見たような……これ船場吉兆ネタじゃないか。
つか、今になって!?
いいね。

ニコニコ動画は見た人がわかりやすくするためのタグをつけることができるのですが、さっそく第一話にも「船場吉兆」のタグが。
訓練された視聴者ですねー……と思ったら、まさかの製作者自身がつけたタグ。
うん。まさに確信犯的。
安心安定の、パロディ悪乗り満載の作品に仕上がっています。

えっ、何も変わってないじゃないかって?
違う! すごい変わってるよ!
タイトルよく見てよ!
「ぐだぐだフェアリーズ」から「ぐだぐだフェアリーーズ」になったんだよ。
……わかりづらいよ!
内容自体は一期のネタをメタ的にパロディ化しながら、さらに暴走に拍車がかかっています。
もちろん2期1話から見ても楽しめる内容なのですが、1話のテロップを見るとこんな文字が。
「初見の方はお帰りください」
えーっ。
実はこれ、不親切なんじゃなくて、これ自体が一期のネタなんです。

知っていると『gdgd妖精s』2期が3倍楽しめる、簡単用語集を作ってみました。
おっと、公式ではないので、ご了承ください。

・ピクピク
メインになっている、ピンク髪でツインテールの、純粋な妖精。時々話が色っぽくなります。
一期11話では、マミられました。
石舘(一期脚本・演出)「三森さんには「真面目で女の子っぽく、極端な話「ちびまる子」のたまちゃんです」とお願いしました」

・シルシル
独特のしゃべりのイントネーションがクセになる、割りと大雑把で大胆な性格の明るい妖精。
石舘「水原さんにはキャラ演技のお願いとして「日下部みさお(「らき☆すた」のキャラ)をギャルにした感じで」というオーダーをさせていただきました」

・コロコロ
きのこ。あまり喋らないけれども喋るとインパクト絶大な妖精。キノコはあご紐付き。高所恐怖症。
石舘「明坂さんには「表面的には綾波レイや長門の延長上のキャラだけど、さらに一癖ありそうな感じで」とお願いしました」

・持田房子
ヘタしたらこの作品のメインヒロイン級に有名なキャラ。一期3話の「アフレ湖」に登場したのですが、紫色の髪の老婆がランジェリー姿で踊るという強烈なもの。ここでコロコロによって即興で歌が作られ、持田房子と命名。一躍人気キャラに。
その後、持田房子として何度も登場。一期11話ではコロちゃんと戦う最強の生物として登場。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!