今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

メガドライブ、セガサターン、ドリームキャスト擬人化「Hi☆sCoool! セハガール」のセガ愛に泣く

2014年11月4日 10時50分 ライター情報:たまごまご

セガはいつも尖っていた。そんなかつてのセガをネタにおっさんホイホイする「Hi☆sCoool!セハガール」は、自虐パロディたっぷりのアニメ。

[拡大写真]

3Dアニメ『Hi☆sCoool! セハガール』に、泣きました。
セガを愛し、応援してきた自分を思い出して、つい。

出てくるのは、セガのハードを擬人化したキャラクター。メガドライブ、セガサターン、ドリームキャスト。
彼女たち3人が、東京都羽田・大鳥居にある「セハガガ学園」に入学。単位取得を目指します。
聞いただけで、うずうずする学校名だ。ガの多さに。
(解説:昔「セガガガ」というゲームがありました)

学校のチャイムは、サターンの起動音。
アイキャッチはサターンホーム画面の音。
「セーガー」のサウンドロゴも、もちろん登場。
エンディングテーマは、セガの社歌「若い力」です。

彼女たち3人が単位取得試験として挑むのは、有名セガゲームタイトル。「バーチャファイター」に「スペースチャンネル5」。
「ムシキング」、「獣王記」、「サクラ大戦」なんかも出てきます。
セハガガ学園の中は、「ファンタジーゾーン」「ナイツ」「ハングオン」など、セガの往年のゲームギミックだらけ。
ああ、懐かしい。セガを愛したおっさんたちのツボを、「セハガール」はグイグイ押してきます。

●セガを愛したあの日々
セガは、ゲーマーの心理をくすぐり続けた会社でした。
・時代を先取りしすぎた。
・どこ狙いかわからないゲームが多かった。
・いつもどこか力んでいた。

かつての「主流はプレステや任天堂だろう、サブだから応援したい」感は、異常だったと思います。
セガのCMの中で、子どもたちが「セガなんてだっせえよな」「プレステの方が面白いよな」と言っていたのは、あまりにも印象的。
(解説:湯川専務。PSが売れてサターンが売れない、その状態からドリームキャストを売ろうと奮闘するCMがシリーズで放映されました)

もともとこの「セハガール」は、「セガ☆ハードガールズ」という擬人化プロジェクトの一環です。
セガ★ハード・ガールズ公式サイト -株式会社セガ-
いっぱいありすぎます。テラドライブとかどのくらいの人が持っているんでしょう。

時代が求めた16ビット、メガドライブ。
ファミコン系列にいかずに、愛を注いだゲーマーも多かろう。上に積んだよね。

格ゲーとギャルゲーとSTGに強かった、脳天直撃セガサターン。
2D格闘はメモリ足りなくて、追加メモリ背面に刺したりしましたね。サターンパッド大好き。

「夢を繋いで!」がキャッチコピーのドリームキャスト。
インターネットに接続できた超画期的なハードでした。電話回線で。テレホタイムは楽園だった。

ああ、思い出すだけで泣けてくる。
ぼくはあの頃、セガの生き様に、惚れていたんだ。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!