今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「村上隆の五百羅漢図展」は被災者への鎮魂か、それとも作家個人の魂の救済か

2015年11月30日 21時30分
村上隆による国内では14年ぶりとなる大型個展「村上隆の五百羅漢図展」についてライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんが語り合います。

「村上隆の五百羅漢図展」公式サイトからキャプチャ

観る者を圧倒する物量と巨大さ


藤田 日本を代表する現代アーティスト、村上隆の、日本での久々の個展です。森美術館で行われた「五百羅漢図展」。震災を受けて、宗教性を込めて作った全長100メートルほどの作品が見所で、かつてカタールで展示されたんですよね。

飯田 村上隆といえば「オタクの魂を搾取している」みたいな批判がテンプレとしてあるわけですけど、今回はそういう印象を与えるような作品はないんじゃないでしょうか。

藤田 オタク文化的な意匠の作品は少なかったですね。塗りとか線のレベルではあると思いますが、全体的にオタク文化の搾取みたいなものは、直接的にはなかった。

飯田 むしろ東京芸術大学の日本画専攻で初の博士号取得者となった村上隆の面目躍如というか、現代美術の文脈に日本画を接続させつつ、とにかく物量と巨大さで観る者を圧倒するものになっていた。

藤田 日本の伝統的な美術や哲学を、アニメやネットの感覚を踏まえてアップデートする……というような作風が今回は全面的に展開されていましたね。これ、正直に言うと怒られるかもしれませんが、全体が、あんまりピンと来なかったんです。
 でかいからこそ、細部がちょっとおろそかになっていたせいかもしれないし、あるいは、ぼくが日本の伝統の文脈をきちんと知らないからかもしれないし、あるいは、この薄っぺらさ自体が、何かこの展覧会の重要な要素なのかもしれないですが、震災を受けて「救済」みたいな、そういう迫力は感じなかった。

飯田 そうなんだ? 僕は今までの村上作品のなかでもいちばんいいと思った。と言っても村上作品の個展は日本では15年くらいやってなかったわけだけど……そのむかしパルコギャラリーや東京都現代美術館で開催された展示のころとは比べ物にならないくらい作家としての凄みが出ていた。
 描かれている羅漢は病んでいる顔が多くて、村上さんの絶望感や諦念をすごく感じた。「カタールの王女から依頼を受けて制作された」云々というエピソードを聞いて「またバブってやがんな、ケッ」とか思ったひとは見に行ってから判断したほうがいい。

藤田 「死」をイメージする髑髏もモチーフとしていっぱい使われていますが、それもアニメっぽくて……でも、その薄っぺらい宗教性こそが、彼の提示しようとしたものだとしたら、真剣に考えなきゃなと思いましたよ。
関連キーワード
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!