今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「マリオメーカー」実況動画でわかる日本と海外の文化差

2015年12月18日 18時30分
飯田 ニコ動の流行りなんてすぐ変わるから、あんま気にしなくていいんじゃないかな。もちろん、短期的にはそればかりになるのはイヤだけど。
 むしろ任天堂がゲーム実況を無視できない文化として認めた上でガチで勝ちに来たという点で、『スプラトゥーン』と『マリオメーカー』は画期的。
 任天堂はスマホゲームには長らく消極的で、参入するするって言っていたけど結局2015年は何もリリースされなかったことを考えると、彼らは実況文化をソシャゲよりもはるかに重視したんだと言える。

藤田 任天堂は、尖っている文化を、使いやすくて直観的で面白いインターフェイスに変えるのがとてもうまいなという印象です。『スプラトゥーン』だって、『カウンターストライク』とかのオンライン上で銃で撃ち合うゲームから、血なまぐささやマッチングなどの面倒くささを消して洗練させたものと考えればいいと思います。

ゲーム実況のおもしろさ!


飯田 いちおう「マリオメーカー問題」で話題になっている有名実況者による動画について言っておくと、おもしろくないわけじゃないんですよ。ただ、その実況主のファンじゃないなら、数本見たら十分だよね。やってることはだいたいみんな同じで、むちゃくちゃ難しいコースをやって騒いでいるだけだからw 『All You Need Is Kill』を観ているときと似た感覚ですね。まあ話は逆で、あっちのほうが「ゲーム体験を映画(小説)に落とし込んだ」作品なんだけど。

藤田 お、さすが、『ビジュアル・コミュニケーション 動画時代の文化批評』という本で「ゲーム実況論」を書かれただけのことはありますね。
 マリオメーカーの実況――たとえば、アブさんとレトルトさんっていう、超難しいステージを作る二人が、お互いに相手にステージを提示して、挑戦状みたいにして対決しているのは、面白かった。ゲームセンターCXみたいで。

飯田 人気のある実況者は、実況映えするしゃべりや編集の仕方がよくわかっているので、見れちゃうんだよね。

藤田 あとは、何名かで、わいわい適当に騒いでやっているだけの実況とかも、案外面白く観れて、自分でも意外でした。ファミコンを友達の家に行って、みんなでやって、コントローラーを持っていない番のときみたいなのが、疑似体験できた。そういう感じでゲーム実況が消費されてるのかな? って、少しわかりました。
 昔のゲーム実況よりも編集のレベルが上がっているのもびっくりしました。
関連キーワード
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!