今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「わたしを離さないで」最終話。強者による弱者からの搾取という主題はどうなったか

2016年3月19日 09時00分 ライター情報:杉江松恋
最終回のそれは、恭子の涙だった。第1話で登場したときの恭子は、完全に無表情だった。ルーティンワークとして介護をこなし、提供者たちを見送る。その淡々とした態度から一転し、最終回では友彦に対する執着や、自分を置いて去っていった者たちへの哀惜の念を露わにしたのである。
映像という表現形式は、隠蔽された内面を描くことにはあまり適していない。その代わりに制作者は、打ちのめされた者が見せる純粋な感情の吐露を視聴者に見せることを選択したのだった。水川、三浦、綾瀬の主役を演じた俳優たちは、その期待に十分に応えた。

陽光学苑という願い


すでにご覧になっている方には説明の必要もないことだが、このドラマは強者による弱者からの搾取という主題を、かなり尖鋭的な態度で作品化している。倫理的な議論の対象になっている問題や、現在の日本が余裕、優しさのない、非人間的な方向へと進んでいるように見えることなどが想起されるような形で毎回の筋立ては作られていた(特に第6話)。最終回もまた、神川恵美子(原作のエミリ先生。麻生祐未・演)が陽光学苑設立に賭けた思いについての言及が再び行われ、望ましくない方向に社会が向かうことを食い止めたいという思いが前面に押し出された形となった。
その反面で、ここ数回で視聴者の関心事となっていた、陽光学苑の理念は果たして正しいものだったのか、という疑問は曖昧にぼかされて終わったように思う。いや、もともと容易に正解は得られない問題を俎上にしたからであり、明解に割り切ること自体が無理だったのだろう。それは正しいのか、社会はどちらに向かうべきか、というような大きな問いのみにこだわるのは止めておこう。それはドラマではなく実人生の中で、視聴者それぞれが答えを出すべき問題なのだ。

むしろ大事なのは、大きな問いではなくて小さな問い、つまり登場人物たち一人ひとりに突きつけられた等身大の問題の方である。ドラマの初期、堀江龍子先生(原作のルーシー先生。伊藤歩・演)から友彦に告げられる形で、その問いは呈示された。すなわち「生まれてきてよかったと思える何かを見つけることはできるか」という極私的な問題だ。その問いの主語は友彦であり恭子であるのだが、もちろん視聴者それぞれにも向けられている。最終回に相当する原作の第23章にこの問いは出てこない。完全にドラマのオリジナルである。

原作の23章は、過去を振り返るのを止めてなすべきことをし、行くべきところへ行こうとするキャシー・Hの態度が描かれて終わる。

ライター情報

杉江松恋

1968年生まれ。小説書評と東方Projectに命を賭けるフリーライター。あちこちに連載しています。

URL:Twitter:@from41tohomania

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!