今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「わたしを離さないで」最終話。強者による弱者からの搾取という主題はどうなったか

2016年3月19日 09時00分 ライター情報:杉江松恋
『わたしを離さないで』の10年後に発表した長篇『忘れられた巨人』でも、手を離してしまうというモチーフが繰り返されているからだ。同書の主題について改めて問い直す、重要な箇所でもある。おそらくイシグロは、『わたしを離さないで』の後、ずっとこのモチーフを持ち続けていたのだろう。新作の中で再話したくなるほどに、気にかかるものであったのだ。

おわりに


思えば全10話、10週間をドラマと原作の『わたしを離さないで』と共に過ごしてきた。その間に幾度となく本を開いたので、10週間をかけてゆっくりと原作を再読していたことになる。ドラマから、原作小説をより深く楽しむための時間をもらったようなものだ。そうした形の読書の仕方もあるということに気づかせてもらった日々でもあった。そのことだけでも得がたい体験だった。ドラマ「わたしを離さないで」に感謝する。願わくば、カズオ・イシグロの原作が1人でも多くの読者に届きますように。
(杉江松恋)

ライター情報

杉江松恋

1968年生まれ。小説書評と東方Projectに命を賭けるフリーライター。あちこちに連載しています。

URL:Twitter:@from41tohomania

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!