今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「男女7人夏物語」から30年。さんまとしのぶが隅田川の向かい側に住んでいた理由を検証

2016年7月25日 10時00分 ライター情報:近藤正高
1986年7月25日、ドラマ「男女7人夏物語」(TBS系)の第1回が放送された。それからきょうでちょうど30年が経つ。タイトルにあるとおり、このドラマでは、明石家さんまと大竹しのぶを中心に当時30歳前後の男女7人の恋愛模様が描かれた。ときはバブル前夜、同作は平均視聴率が20%を超えるヒットとなり(86年9月26日放送の最終回は31.7%を記録)、トレンディドラマの先駆けとも位置づけられる。その主な舞台となったのは、このころ開発が始まり、変貌をとげつつあった隅田川沿いの地域だ。
1986年のドラマ「男女7人夏物語」。ヒットを受けて翌年には続編として「男女7人秋物語」も放送された。明石家さんまと大竹しのぶが本作での共演を機に交際を始め、結婚にいたったことは周知のとおり。ついでにいえば出演者のひとり、奥田瑛二が次女(女優の安藤サクラ)を儲けたのもこのドラマ放送の年だった

隅田川の橋が劇中で効果を発揮


このドラマの第2話、さんま演じるツアーコンダクターの今井良介は、大竹演じるフリーライターの神崎桃子と吾妻橋のアサヒビヤホールでの合コンで再会し、その帰りがけ、同じ駅(都営地下鉄浅草線の人形町駅)で降りる。駅からの方向も同じだったため、良介は桃子の食材の買い物に付き合わされ、別れたのは清洲橋のたもとでだった。

清洲橋は関東大震災の復興事業の一環として隅田川に架けられた橋のひとつで(竣工は1928年)、河口から2キロぐらい上流に位置する。良介と桃子は、清洲橋を挟んでそれぞれ西と東とちょうど向かい側に住んでいた。住所でいえば、良介の住むマンションは中央区日本橋中州、これに対して桃子のアパートは江東区清澄一丁目にあるという設定だ。

日本橋中州の近くには、首都高速の箱崎ジャンクションや成田空港への高速バスターミナルがある。円高も追い風となり海外旅行者が急増していたこの時代、東京から成田への鉄道アクセスはまだ不便で、バスが主力を担っていた(JRと京成が乗り入れる成田空港駅が開業するのは1991年)。良介がこの場所を住居に選んだのは、ツアーコンダクターという職業柄、利便性を考えてのことだったのだろう。彼が住む部屋は洋風で、ベッドルームとリビングのあいだはブラインドで区切られており、renomaのクッションなどブランド品やおしゃれな絵画ポスターもうかがえる。

これに対して桃子の住むのは、清澄公園にほど近い、倉庫の立ち並ぶ一帯にあるアパートだ。畳とふすまのあるその部屋は、良介のマンションほど高級ではない。速水健朗『東京β――更新され続ける都市の物語』(筑摩書房)は、良介と桃子の《こうした生活レベルの違いは、川で隔てられた中央区と江東区という住む場所のステイタスの違いを表したものでもある》と指摘する。

速水によれば、「男女7人~」の舞台設定は、隅田川をニューヨークのイースト・リバーに見立てたものだろうという。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!