今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

2016年8月31日 10時00分 ライター情報:寺西ジャジューカ
思わずそれにかぶりついてしまった大鷲だが、同時に睡魔がやってきた。そのまま仰向けに倒れこんで眠ってしまい、彼の胸の上には食べかけの焼き鳥が乗っている。その状況を、なんとレフェリーが発見! 困惑しながらカウントするレフェリーの手は遂に3つを叩いてしまい、焼き鳥がチャンピオンというとんでもない状況でこの日は迎えられることになった。

杉田かおるの「鳥の詩」に乗って入場した第1163代王者・焼き鳥。歌詞にある「鳥よ 鳥よ 鳥たちよ」のフレーズが、チャンピオンと完全にマッチしている。

今回は「時間差入場バトルロイヤル」という形式により、数人が王座を争うことに。ゴングが鳴るや、場内は大「やきとり」コールだ。焼き鳥の串を手に取り、力比べのテイで力を込める対戦相手の平田一喜。

結果、後に登場したチェリーが焼き鳥を完食してしまい、新王者はチェリーに。しかし、時間差バトルロイヤルなので試合は続いていく。試合中、ベルトはめまぐるしく移動。“地獄の墓堀人形”ヨシヒコも技術を魅せつけて一度は王座を獲得したが、最後は大鷲がヨシヒコをラ・マヒストラルで丸め込んで王座を奪回! 第1167代王者となった。


……が、入退場ゲートで勝ち誇る大鷲を背後からジョーイ・ライアンが丸め込んで、ライアンが第1168代王者となった。とにかく、せわしない。

ちなみにこのベルト、海外へ流出した際はスコット・ホールやレイ・ミステリオ、Xパックといったスーパースターたちも巻いており、いつの間にか由緒正しき王座となってしまっている。

スーパー・ササダンゴ・マシンが、噂の「煽りパワーポイント」を披露


第4試合が始まる直前、速報として映画『俺たち文化系プロレスDDT』(11月26日から、新宿バルト9ほかで公開)の完成が発表された。監督を務めるは、マッスル坂井&松江哲明。というわけで、リング上にはマッスル坂井の姿が。

ここで、DDTのゼネラルマネジャー・鶴見亜門から「せっかくなので、『第4試合スタート!』の掛け声をお願いします」と振られる坂井。ちなみに、第4試合にはスーパー・ササダンゴ・マシンが出場することになっている。
当然、「先に戻らせてください」と拒否する坂井。しかし、鶴見も「なんで? いや、せっかくなんで」と引かない。「なんで、俺が!?」「おかしいでしょ!」と坂井は困惑し続けるが「なんでおかしいんですか?」と理解しない鶴見に、「みなまで言うなって!」と声を荒げる坂井。

ライター情報

寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行と篠田麻里子が好きです。ブライアン・ジョーンズと菅井きんと誕生日が一緒。

URL:Facebook

「DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!