今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「嘘の戦争」今夜4話。少し悲しそうな草なぎ剛にゾッとする

2017年1月31日 10時00分 ライター情報:沢野奈津夫
『嘘の戦争』(フジテレビ系、関西テレビ制作)第3話。家族を殺した実行犯の五十嵐(甲本雅裕)、嘘の証言をした六反田(飯田基祐)に復讐を果たした一ノ瀬浩一(草なぎ剛)。今回のターゲットは、当時9歳の一ノ瀬に嘘の自白を強要した三輪刑事(六平直政)だ。59歳の三輪も、30年前29歳の三輪も、現在62歳の六平本人が演じている。

あらすじ


「人は褒めた後に叩くの好きだからね」と、一ノ瀬は三輪を爆弾処理のヒーローに仕立て上げる。マスコミにも取り上げられ一躍時の人となった三輪を、地獄へ落とすべく一ノ瀬は、仕事をリストラされ妻と娘を失った男・一色祐一として近づく。

一歳の娘を失った三輪は、一色こと一ノ瀬に共感し、二人は居酒屋で意気投合。そこに一ノ瀬の弟子的存在の八尋(菊池風磨)が忍び寄り、携帯を盗んで少年が着替えている画像のデータを入れ、警察に届ける。これで一気に爆弾処理のヒーローから、盗撮魔へと真っ逆さまだ。

三輪宅で盗撮魔の真犯人を探す作戦会議をしていると、一ノ瀬を探しにニシナコーポーレション社長の隆(藤木直人)が訪れる。一色を名乗る一ノ瀬は、ここで隆と遭遇してしまったら完全にアウトだ。しかし、玄関に揃えられた靴を見て来客と察し、「一ノ瀬だったら汚れた安物の靴など履かない」と、イッタン退却。ここはリストラされた貧乏人・一色のキャラを作りこんだ一ノ瀬の勝利だ。しかし隆、仕事をしていないんじゃないかと疑うほど、どこにでも現れる。

その後、真犯人を探そうと一ノ瀬は三輪に張り込みをさせ、寝不足で判断力を奪う。そこに週刊誌のパパラッチが登場し、思わず三輪は手を出してしまう。そして最後は、八尋にスカートの画像が入った携帯をカバンに忍ばされ、ハルカ(水原季子)にスカートを盗撮犯にされてしまう。三輪は、この騒動を遠くから傍観している一ノ瀬を見て、自分が自白を強要させた少年だという事に初めて気付いた。

警察を振り切った三輪は、歩道橋の上から身投げをしようと試みる。そこにどこにでも現れる男・隆が駆けつけ、自殺は未遂に終わる。警察さえも見失った男を捕まえるなんてとんでもない嗅覚だ。そして隆は、三輪と一ノ瀬を会わせることで、一ノ瀬の正体を突き止めようと画策する。

一人目のターゲットだった五十嵐は、買春の常習犯。二人目の六反田は詐欺師まがいと、現在進行形の悪い奴だ。しかし、三輪は違う。少年時代の一ノ瀬への自白強要も、心臓病の娘の為にしてしまった事だった。

ライター情報

沢野奈津夫

サッカー、漫画、食べ物、子持ち、ブサヘア、元芸人。

URL:Twitter:@natsuo_sawano

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!