今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「やすらぎの郷」第9週。ボケた老女優VS性格の悪い落ちぶれ老女優バトルの予感

2017年6月5日 10時00分 ライター情報:北村ヂン
倉本聰・脚本のシルバータイムドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)第9週。
イラスト/北村ヂン

前週は、秀サンのギックリ腰騒動でドッタンバッタン大騒ぎなコメディ路線だったが、今週は打って変わって、かつての栄光を失った老人たちの悲しさを感じさせる展開でした。

中島みゆきの「慕情」2番で号泣!


月曜日、『徹子の部屋』明けでいきなり「やすらぎ体操」スタートという異色の構成ではじまった第41話(オープニングテーマはナシ)。

前週から引き続き、遺産相続問題を考えながらあーだこうだダベッている老人たちなのだが、自分の死を考えるにあたって女と男の注目ポイントが違っているのが興味深かった。

「(遺産相続について)死んだ後のことなんて知っちゃいないわよ」と言い放つマヤ(加賀まりこ)。苦労して稼いだお金なんだから死ぬまでに使い果たそうと、1日36500円ペースで浪費していた冴子(浅丘ルリ子)。

女性陣は良くも悪くも、とことん現実的だ。

一方、男性陣は「天国と地獄って本当にあると思う?」なんて死後の世界に思いを馳せているのだ。……夢見がち過ぎ!

「地獄にはオワイ(糞尿)地獄がある」という、お昼時にはふさわしくないサイテーな話の後には、「あの世でもう一度逢いたい人」というロマンチックな話題に。

「女房なら、若い頃より、死ぬ間際の老けた女房にオレは逢いてえ」
「その方が、しゃべる話が何だかいっぱいある気がしてな」

普段、わりとドライな言動をしている大納言(山本圭)が泣きながらこんなことを言うので、こっちまでウルッとさせられてしまう。

たたみかけるように菊村栄(石坂浩二)も、

「私も、今すぐ逢えるというなら、若く輝いていた昔の律子より、死期の迫った晩年の律子に逢うことの方を選ぶに違いない」

そして、オープニングテーマ曲・中島みゆきの「慕情」(初の2番!)とオープニング映像がイン! そんで涙ドバー。

オープニングが最後にドンとはじまるこの演出……アニメなどで多用されているパターンだけど(最近だと大河ドラマ『真田丸』でも)、すんごく効果的!

「もう一度出会いから もしもあなたと歩き出せるなら」

という歌詞もバッチリハマッて、「もうコレで最終回でもいいよ!」という感動に包まれてしまった。

月〜金の帯ドラマなのに、月曜日にいきなり最終回感を出してきたのにはおどろかされたが。

久々に登場(フジ)テレビ批判!?


火曜日からは新展開で、ドラマ内はゴールデンウィークに突入。

ライター情報

北村ヂン

群馬県出身。ライター&イラストレーター。珍奇でバカでサブカルチャーなものが主な取材対象。「デイリーポータルZ」や「日刊サイゾー」などで執筆中。

URL:Twitter:@punxjk

「「やすらぎの郷」第9週。ボケた老女優VS性格の悪い落ちぶれ老女優バトルの予感」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!