今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

今夜「コードブルー」が帰ってくる。山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香などの役どころとこれまでをおさらい

2017年7月17日 12時00分 ライター情報:柚月裕実
「でも俺は、明日もヘリに乗るよ。多分。これからもずっと」
藍沢耕作が帰ってくる!

『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』(フジテレビ系/月曜夜9時〜)の3rdシーズンが7月17日からスタートする。1作目は2008年7月〜木曜22時枠で放送されたのち、翌年のスペシャルドラマを経て、2ndシーズンは月9枠で放送された。山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、浅利陽介、比嘉愛未と当時の若手人気俳優が揃ったことでも話題を集めた。今ではそれぞれが代表作を持つほどに成長、豪華な顔ぶれが7年ぶりに勢ぞろいする。
3ndシーズンの前に、過去の放送を振り返ってみたい。

主題歌は1作目から変わらずMr.Childrenの「HANABI」。

『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』のこれまで


ドクターヘリで人命救助にあたるフライトドクターを目指す研修医を主人公に、様々な人間模様が描かれた「コード・ブルー」。
医療ドラマはこれまでに数え切れないほどの作品があるが、2007年に公布された「ドクターヘリ特別措置法」の翌年に放送され、ドクターヘリを扱った作品は初めて。

権力争いの白い巨塔でもなく、失敗しないスーパードクターでも、エリート医師が集結して奇跡を起こすわけでもない。そう簡単にミラクルが起きないのが「コード・ブルー」。
誰もが命を救うことに全力を尽くし、救った命もあれば、救えなかった命も描かれてきた。一刻を争う事故現場で、助かる見込みのある患者は誰か、優先度をつけなくてはならず苦渋の決断を下したこともあった。
それぞれの生い立ちや、引きずっている過去やトラウマ、悩みや迷い、葛藤……若い医師が奮闘する姿、危険を伴う事故現場に出動し医師生命を絶たれてしまった事、恋人の死、訴訟問題などを丁寧に、リアルに描いているところに引き込まれる。

5人のこれまで


フライトドクター、ナースを目指して歩き出した5人のこれまでを振り返ってみたい。

静かに情熱を燃やす、藍沢耕作(山下智久)
「時々わからなくなる、何が一番大事なのか」
両親はいないと祖母に育てられてきた耕作。奨学金で大学に行き、医師となる。働く病院に祖母・絹江(島かおり)が入院しており、一時は認知症の症状が出ていた。2ndシーズンでは父親(リリー・フランキー)と再会する。母は転落した事故死と伝えられていたが、母が父に宛てた手紙を読み母親の死に自分が関係していることを知る。
耕作は同期の中でも優秀で、早くから出動していた。冷静沈着で、あまり感情を表に出さないが、命を助けようとする情熱は人一倍強い。

ライター情報

柚月裕実

Web編集/ライター。ジャニヲタ。アイドルがサングラスを外しただけでも泣く涙腺ゆるめな30代。主にKAT-TUNとNEWSですが、もはや事務所担。

URL:Twitter:@hiromin2013

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!