今注目のアプリ、書籍をレビュー

7

「ひよっこ」151話。米屋の娘の恋が成就、おめでとう

2017年9月26日 08時30分 ライター情報:木俣冬
連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第26週「グッバイ、ナミダクン」第151回 9月25日(月)放送より。 
脚本:岡田惠和 演出: 黒崎 博
イラスト/小西りえこ

連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」151話はこんな話


すずふり亭では新メニューと新制服が始動。
安部米店では、三男(泉澤祐希)とさおり(伊藤沙莉)の関係が進展。

さおり粘り勝ち


桑田佳祐の主題歌「若い広場」の歌詞のおわりが「希望に燃える 恋の歌♪」だからか、「ひよっこ」の終盤は、恋だらけ。先週の、みね子(有村架純)とヒデ(磯村勇斗)、愛子(和久井映見)と省吾(佐々木蔵之介)に続き、今週は三男(泉澤祐希)とさおり(伊藤沙莉)のカップル成立と相成った。

おもしろいのは、これがそろいもそろって、ある種の妥協愛なのだ。
みね子は初恋からの妥協、愛子と省吾は亡くした最愛の人からの妥協、三男も長い片思いのからの妥協。
妥協という言葉が居心地悪ければ、一度諦めたところからの再出発と言い換えても良い。
要するに、幸せの形は、ひとつではないということだ。
年収800万以上の伴侶が欲しいとか、アイドルのように可愛い伴侶が欲しいとか、そこにこだわり過ぎるよりも、ちょっと角度を変えれば、幸せの可能性はそこそこに隠れていることを、「ひよっこ」は描いている。

みね子も、明らかに困難が予想される御曹司と結ばれることよりも、必要とされる場所(すずふり亭とそこで共に働くヒデという男)で満足し、三男も、農家の末っ子が生きていく場所(米屋の婿になる)を見つけた。
さおりがあまりにも自分を好きでいてくれることに、次第に自尊心が満たされる三男。年齢的にもお盛んであるはずの自然現象(性欲)だって満たされることが保障済みである。
「かわいいですよ。それに面白いです」「振り回されるの楽しくなってきました」と、三男はさおりにすっかり慣れてしまった。さおりの粘り勝ちである。
「ここまでかなりがんばってきたんだもの」と鼻息荒いさおりを見るにつけ、こんな毎日、働いているときに、プレッシャーを与えられていたらストレスだよなあと思うが、三男には帰る場所もないし、好意的に求められているわけだから、悪いことではない。
このまま結婚したら、嫁のこういう面倒臭さから逃げたくなって、浮気したりするかもしれないが、それはまた別の話。

三男のいいところは、さおりが、父・善三(斎藤暁)と仲悪いことと、名前(本名は米子)を偽っていることを直してほしいとちゃんと言うことだ。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

コメント 7

  • パチ 通報

    三男は、自分に好意を寄せてくれている米屋親子に感謝して時折見せるさおり(米子)の性格の良さもちゃんと見抜いてたんだね。律儀ないい男だ!何より変なダンスを踊ること無く感動で終わらせてくれて本当に良かった

    31
  • 匿名さん 通報

    性欲満たされるとか…そういうレビュー気持ち悪いわ

    14
  • 匿名さん 通報

    あさイチとかいう頭の悪くなるバラエティでいつも最初に連続テレビ小説の話してるやん あれキショいよね

    4
  • 匿名さん 通報

    米屋が揺れてる。

    1
  • 匿名さん 通報

    さおりの恋がどうなるかはスピンオフ用に取っておいてほしかったw

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!