今注目のアプリ、書籍をレビュー

3

「わろてんか」2話続けてラストカットが松坂桃李だったことに笑いました

2017年10月4日 08時30分 ライター情報:木俣冬
連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第1週「わろたらアカン」第1回 10月3日(火)放送より。 
脚本:吉田智子 演出: 本木一博
連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド) NHK出版

2話はこんな話


笑い禁止令を出されてしまったてん(新井美羽)。困ってしまっていると、お母さん・しず(鈴木保奈美)が、
てんが笑い上戸になったわけを教えてくれた。
兄・新一(千葉雄大)が昔から喘息持ちで、しずたちが彼につきっきりになってしまいがちで寂しいはずのてんが、小さなことで笑いだし、家の空気を明るくしたのだという。てんが笑い上戸になったのは、そのときからだった。

体罰は控えめ


日本一の笑い上戸「ゲラてん」。なんだかすごいネーミングだ。
今後もこのワードは使われていくのだろうか。

はげしい笑い上戸を、叩きあげで薬問屋の主となった生真面目なお父さん・儀兵衛(遠藤憲一)から禁止されてしまったてん。
罰として、1話の終わりで、蔵に閉じ込められてしまったが、2話では、もう出してもらっていた。
朝ドラ「あさが来た」(15年)では主人公あさの姉はつ(宮崎あおい)がお姑さんに蔵に閉じ込められていましたね、という朝ドラファンサービスだったのか、昨今の BPO対策で、体罰描写を自主規制しているのか、どちらかだろう。

イケメンは多め 


ドラマがはじまる前、松坂桃李と高橋一生が、今回の朝ドラのイケメン2として期待を振りまいていたが、
まだ、イケメンがいた。
喘息もちの兄・新一である。
てんの良き理解者で、何かとてんに優しく接してくれる新一が、喘息の発作で寝込んでしまった。
ドイツ語もしゃべれる聡明な長男だが、カラダが弱いので、家を継げるか悩んでいる。
1話に登場するやいなや、その儚げなメガネキャラに注目が集まったお兄ちゃん。これから彼はどうなるのか。
そして、すっかり千葉雄大に目がくらみそうになるところ、ヒロインの相手役とされる松坂桃李が、1話と2話、続けて、思わせぶりにラストカットを飾った。
主人公でもないのに、彼で、一部の視聴者を引っ張ろうという気持ちが、あからさま過ぎないか。
いや、待て。わかったぞ。

今日の わろてんかポイント(わろ点か)


そうか、この、“2話続けてラストカットがイケメン松坂桃李”こそ、“わろてんか”ポイントにちがいない。
お父さんが「さくら さくら♪」で音を外してしまうところではなく、いったい誰に向けてのサービスなのか“2話続けてラストカットがイケメン松坂桃李”こそ、1、2話続けて仕込まれた、最大の笑いどころであろう。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

コメント 3

  • パチ 通報

    蝶々が大人には、見えないかのような不思議な話や、子供に「笑うな」と言う抑圧的な父親に、うんざり気味でしたが、母親役の鈴木保奈美さんが、てんに優しく語りかけるのを観て、やっとほっこり気分になれました。

    11
  • 匿名さん 通報

    ↑私は逆に笑いを押し付けられているようで興醒めしました。

    8
  • 匿名さん 通報

    蝶々が、頭に二羽とまり まるで ミッキーマウスやキャラクターのような おおきな耳が出来たような、滑稽な様に 大笑いしました。 あれくらい、朝ドラは 面白く楽しく、元気に展開していって欲しいですね❗

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!