今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

ドラマ「コウノドリ2」今夜から。ろうあ者もキャリアウーマンも母になってからが大変、この日本では

2017年10月13日 10時00分 ライター情報:むらたえりか
「出産は、奇跡だ」
「だけど、奇跡のあとには、現実が続いている」


今夜、10月13日(金)よる10時からスタートする金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)。2015年10月期に放送された同名ドラマの続編だ。
新しいテーマとして「生まれ、そして生きること」を掲げ、産婦人科を舞台に医療従事者と患者の関わり、そして命との関わり方を描く。
ドラマ『コウノドリ』Blu-ray BOX

原作は、雑誌「モーニング」(講談社)で連載中の同名漫画。漫画家・鈴ノ木ユウが描くヒューマン医療漫画だが、男性に馴染みのない産婦人科を舞台にしているにも関わらず、男性誌で人気を博している。

描かれる医療従事者たちの内面と過去


前作では、ひとりひとりの患者をフィーチャーしていたが、今作では患者とともに医療従事者たちの内面、過去についても明かされていく。

ドラマの主人公である産婦人科医・鴻鳥(こうのとり)サクラを演じるのは、前シリーズに引き続き綾野剛。愛情や優しさを最も大切にしているサクラだが、今作では「怒り」の感情も表現していくことになるようだ。
前シリーズが終わった3~4ヶ月後には、綾野のもとに続編出演の依頼が来ていた。それから1年以上の間、綾野の中で『コウノドリ』が生き続けていたという。舞台挨拶でも、かなりの思い入れが伝わる発言が多かった。熱量を感じさせる演技が楽しみだ。

サクラと同期入局の産婦人科医・四宮春樹を演じる星野源は「四宮の気持ちの表現の変化を見てほしい」と話していた。
合理性を重視し、笑顔を見せないキャラクターである四宮は、前作で重度の脳性麻痺で寝たきりとなったこどもを看取った。それを機に憑き物が落ちた四宮が、今作では思い悩むサクラに寄り添っていくことも増えるという。

前シリーズでは、まだ研修医だった下屋加江役の松岡茉優と、白川領役の坂口健太郎。2人はそれぞれ産婦人科と新生児科の専門医として、サクラとともにペルソナ総合医療センターで働いている。
そこへ新しく研修医として入ってくるのが、赤西吾郎宮沢氷魚)。赤西は、親が産婦人科医で同じ道に進むことに抵抗を感じている。四宮に「ジュニア」と呼ばれる赤西だが、演じる宮沢自身も元THE BOOMのボーカリスト宮沢和史の息子。同じ「ジュニア」という立場を、演技初挑戦の宮沢がどう解釈していくのか。

他にも、助産師長・小松留美子吉田羊)、周産期医療センターのセンター長・今林貴之大森南朋)のキャリアや内面的な部分も描かれていく予定だ。

ライター情報

むらたえりか

ライター/PR企画者。宮城県出身・女子校育ち。「アオシマ書店」で写真集レビューなどを執筆。ハロプロ、ヒーロー、ベガルタ仙台が好き。

URL:わたしとたのしいくらし

コメント 1

  • ユメ 通報

    出産シーンは、いつ観ても感動する。こんなに親身になってくれる産科医なんて、いるんかっていうくらい、みんな優しい。キャストに元朝ドラメンバーがたくさん出て来たので、懐かしかった。

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!