今注目のアプリ、書籍をレビュー

4

「トットちゃん!」第2週。相変わらず山本耕史がサイコだが、それを許しちゃう松下奈緒も大概だ

2017年10月16日 09時45分 ライター情報:北村ヂン
テレビ朝日の攻め過ぎな昼ドラ枠・帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)第2週。

第1週では、黒柳徹子の母・朝(松下奈緒)と父・守綱(山本耕史)の出会いから同棲、結婚、朝の軟禁生活と、ポンポンポーンとテンポよく展開していたが、第2週は妊娠、出産、小学校入学、退学、新しい学校に……と、さらなるジェットコースター展開に。

特に月曜・第6話の詰め込みっぷりはすさまじくて、せっかくの福山雅治のオープニングテーマを1フレーズで切り上げてナレーションに、さらに前週振り返りダイジェストの中でシレッと「(朝は)なんと仕立屋を開業しました」という重要な新情報がぶっ込まれてくる時短技っぷり。

もう1日どころか、冒頭5分を見逃しただけで話についていけなくなるレベルだ。
イラスト/北村ヂン

このバカップルはもうダメだ……


今週も守綱のツンデレ&サイコ夫っぷりが全開だった。

守綱の稼ぎが悪いせいで、朝が仕立ての仕事をしなければならないというのに、ミシンの音に対し「音楽家の耳には耐えがたい!」とブチ切れ。

その後、なぜかバイオリンを演奏しはじめるのだが、演奏中に外の犬が吠えたら「ボクの音楽を邪魔するものをゆるさない!」と再びブチ切れてガラスを割る。

さすがの朝も、こんなクレイジーな守綱の行動に耐えかね、

「天才かも知れないけど、あなたは何かおかしい!」
「もう一緒には暮らせません!」

と出ていこうとするのだが、守綱はあやまりもせず、強引にベッドへ押し倒してうやむやにしようとする。

もう最低過ぎで、今すぐ別れた方がいいという感じだが、「朝の元に早く戻るため前のめりに歩いているせいで爪先側ばかりがすり減っている」という守綱の靴を見た朝は全部許してしてしまうのだ。

ダメだ、このバカップル!

行動の9割はクソなのに、たまに見せる1割の優しさのせいで別れられないというのは、DV被害を受けがちな女性の特徴なんだけど……。

朝と結婚するはずだった婚約者・児玉(本多力)が、クレイジー夫婦っぷりを見て言った「あなた方は人としておかしい、逸脱している!」という言葉が象徴しているが、朝は完全に「まとも」な世界から逸脱してしまったのだ。

ふたりの暮らしていた乃木坂上倶楽部の住人たちも、それぞれワケありで世間の常識からドロップアウトしてしまった人たちばかりだし。

そんな中で、常識はずれの申し子として黒柳徹子が生まれるのだ。

生まれたと思ったら、もう小学校退学


そんなこんなで3年後、遂に子どもが誕生!

しかし、相変わらずクズな守綱は勝手に「男が生まれる」思い込んでいた上に「徹(とおる)」という名前まで考えていたので、子どもが女だと知り露骨にイヤな顔をしてしまうが、気を取り直して徹子と命名。

ライター情報

北村ヂン

群馬県出身。ライター&イラストレーター。珍奇でバカでサブカルチャーなものが主な取材対象。「デイリーポータルZ」や「日刊サイゾー」などで執筆中。

URL:Twitter:@punxjk

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    てっきり2クールだと思っていたのですが、1クールだったのですね〜!! 子供時代のトットちゃんだけでも2クールいけると思っていたので、それは残念です… ぜひとも第2シーズンを懇願したいですね!

    21
  • 匿名さん 通報

    比較するのは何だけど、朝ドラより圧倒的に笑うポイントがあって、そしてほっこり。基本的なストーリーは知っていますが、ワクワクしながら見ています。

    20
  • 匿名さん 通報

    トットちゃんが校長先生に話をするところ、なぜか涙が出ました。トットちゃんが心からホッとして楽しそうなのが伝わりました。『ごちそうさん』もみてましたがこの子本当に上手ですね。

    14
  • しろうさぎ 通報

    ぜひとも2クール化をお願いしたいです!!

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!