今注目のアプリ、書籍をレビュー

5

「わろてんか」15話。お約束の連続にもだんだん慣れてきた

2017年10月19日 08時30分 ライター情報:木俣冬
連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第3週「一生笑わしたる」第15回 10月18日(水)放送より。 
脚本:吉田智子 演出: 本木一博
イラスト/まつもとりえこ

15話はこんな話


てん(葵わかな)は、藤吉(松坂桃李)とキース(大野拓朗)を藤岡家の蔵に匿っていたら、儀兵衛(遠藤憲一)にバレてしまう。

風太の損な役回り


てんが藤吉を蔵に匿っているのを見つけた風太(濱田岳)。
「おれが川に沈めたる」などとかなり物騒な台詞も吐きながら、武士の情けで、怪我が治るまではそっとしておこうとする。
それだけでなく、見つからないように気を配ったり、傷薬や痛み止めまで用意したり、藤吉の手紙を座頭に届けたり、と涙ぐましい働きを見せる。
それもこれも、てんへの想いがあってこそ。

いつか、てんが振り向いてくれることを待っている風太に「待ってたら、盗られるだけや」「あんたも待ってるだけだとなくしてまうで」と焚き付けるリリコ(広瀬アリス)。
貪欲な彼女は藤吉を取り返そうと、藤岡家に乗り込んで来て、儀兵衛に蔵の秘密がバレてしまう。

リリコも風太も大事な家族


(藤吉のことを)「守ってあげたいだけです」というてんに、リリコが、自分には守る家も家族もないと告白。
天涯孤独な彼女にべっこう飴をあげて、リリコにすっかり好かれてしまった藤吉は、てんにチョコと笑顔をもらって、好きになってしまい、てんは、小鳥の根付と手紙をもらって藤吉に夢中になってしまう。あゝ、運命とはかくもいたずらな・・・。

何もできないのになぜかモテモテの藤吉。
じつはぼんぼんだから、手紙も書けるし、おひとよしだし、破天荒になりきれず、キースやリリコに比べたら行儀がいい。そういうどこか育ちのいいところが好感度につながるのか。

お坊ちゃん藤吉は、孤独なリリコやキースを家族だと思っている。
お嬢ちゃんてんも、使用人のおトキや風太を家族と思っている。
血縁にとらわれず家族を大切にしていることで、ふたりは共感し合う。
リリコ、不利である。

お母さん、地味だけどよくわかってる


その間、お父さんは縁談をすすめたく、気が気でない。
笑い声がなりを潜めている、頭と心がかみあってないんじゃないかと心配するお母さんしず(鈴木保奈美)。
お母さんは、出しゃばらない範囲で、家族のことをよく感じている。

今日のわろ点


◯番頭が蔵に薬の在庫を取りに向かって、慌てる一場面。
◯風太「そうなったら、俺しか残らへんで」
気取って振り返ると、てんは、すでにいない。
風太「あれ〜」

とってもお約束な感じだが、このノリにだんだん慣れてきた。
(木俣冬)

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    お約束の連続にはとっくに飽きている・・・木俣さんのレビューも短いですね~

    13
  • 匿名さん 通報

    お約束を楽しむ前提として「その人たちを好きで、親しみを感じている」というのがあるのでは。 てんも藤吉も良い子たちなんでしょうが、それが視聴者にあまり伝わってないので、単にダメな子たちに

    10
  • コソドロ 通報

    動けるようになったら、すぐに出て行けばよかったのに、てんに体を拭いてもらったり、りんとおトキにまで甲斐甲斐しく世話をされたら、そりゃ長居もしたくなるわ。緊張感が足りなかったな。

    7
  • 風花 通報

    文句言いながらも藤吉の薬を用意してやる風太は、いい奴だなぁ。てんの縁談話にヤキモキしながらも、出来ることなら自分が、てんと結婚したいと、大それた望みを捨てないところが、図太くて風太らしい。

    5
  • セボン 通報

    トイレにも行けない藤吉達。蔵の中でするしかなく、どんだけ臭いかあの蔵!

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!