今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「おそ松さん」2期3話「最近どう?」二人きりで気まずい空気になった時、ありがちな10のこと

2017年10月23日 09時45分 ライター情報:たまごまご
「おそ松さん」2期3話で一番ツイートが盛り上がったのは、照英が出た瞬間だったそうで。
「プリキュア」の芸能人ゲスト回を思い出す。キュアゴリラとか。
おそ松さん 二期メインビジュアル(公式HPより)

空気を読む者同士


「おそ松さん」は、全体の設定とか整合性は適当(しれっと死ぬし)。一方、六つ子の性格に関しては丁寧に描かれており、会話の前後で人間関係が変わることも1期ではあった。

3話Aパート「チョロ松と一松」。ファンの間では「年中松」と呼ばれる組み合わせ。
部屋で二人きりになってしまった、チョロ松と一松。普段はあまりない状態。
別にイヤではないけど、どうにも落ち着かない。

おそ松は誰にでも絡むので、沈黙はあまりない。カラ松は自分の美学にのめりこみマイペース。十四松は何人でも変わらず暴れる。トド松はドライなので、気にしていなさそう。

このメンツに囲まれていると、チョロ松と一松はツッコミに回るか、無視できるので楽。
ところがなまじ、空気を読むアンテナが高く、本心を隠して自分のキャラを演出している同士なので、二人きりになると、まーしゃべることがない。

気まずい空気あるある


二人になってからは「気まずい空気あるある」のオンパレードだった。
なかなか鋭いところを突いていたのでチェック。

1・集中できない
二人は、無視するために本を読み始める。
ところがどうにも集中できない。六人いたときは読んでいたのに。
ここから負のスパイラルがスタート。

2・とりあえず普段言わないことを言ってしまう
一松の「ねえ、テレビいい?」の一言が、場を固くさせる。
気を使っている時、言わなくていいことまで言ってしまうもの。
沈黙に耐えられないからだ。たいてい「気を使っている」と気づかれて、雰囲気は悪化する。

3・「最近どう?」
チョロ松会話の糸口のつもりで「最近どう?」。
焦ったときほど、抽象的で、かつ意味のない言葉が出てしまいがち。相手の返答しやすさを考える余裕がないのが、バレバレ。だめだとわかっていてもつい言っちゃう。

4・天気の話は広げ方が重要
会話のネタが無いときは天気の話を、というのは昔から言われているコミュニケーション術。
みんな興味があって、だれも傷つかないからだ。
ここで口火を切ることができれば、会話の幅を広げられる可能性は大。逆にここで終わってしまうと、お互い天気ネタが決戦兵器なのもわかっているので、次の会話を撃つのがさらに難しくなる。
ちなみに、政治、宗教、野球の話は、初対面や仕事の場でタブーとされているそうな。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!