今注目のアプリ、書籍をレビュー

3

「刑事ゆがみ」ぐっちゃぐちゃの稲森いずみを、脇に回って助ける浅野、神木もカッコよくて7話

2017年11月30日 09時45分 ライター情報:沢野奈津夫
フジテレビ系「刑事ゆがみ」(毎週木曜22時~)7話。導入部分で羽生(神木隆之介)は、風俗店で盛られた写真に騙される。そんな羽生のSNSのプロフィールは、巡査部長と階級が盛られていた。それを指摘した弓神(浅野忠信)が読んでいた本は「偽りの代償」。これから偽りに関しての話を展開するぞ!っていう気概が感じられる。いつもながらわかりやすくて見やすい。
イラスト/Morimori no moRi

オトナ高校のあれ、オトナ高校側は知らなかったらしいよ


導入でいうと、弓神「オトナ高校に入学してこいよ」羽生「チェリートじゃねぇし!」というやりとりが話題になっている。“オトナ高校”とは現在放送中テレビ朝日系土曜ナイトドラマ「オトナ高校」に登場する性体験のない30歳以上の男女が入学する高校のこと。“チェリート”とは、エリートでありながらチェリーである男性のこと。

木俣冬さんの「オトナ高校」5話レビューによると、「オトナ高校」の宣伝スタッフですらこのやりとりが行われることは知らなかったらしい。二人のアドリブなのか、現場のノリでやったことなのかはわからないが、どちらのドラマも観ているファンには大変うれしいやりとりだ。こうなると「オトナ高校」最終回あたりに、友情出演する羽生をどうしても期待してしまう。

事件の概要


普段より髪型を盛った菅能(稲森いずみ)が大学の同窓会に行くと、一流デザイン会社の管理職を務める近江絵里子(りょう)と再会する。2人は飲みに行き、もう一度会う約束をする。別れ際に菅能は、「その色濃すぎ。絵里子のすっぴん姿好きなんだよね」と化粧という偽りについて触れている。

翌日、絵里子は自宅で亡くなっているところが発見される。死亡推定時刻は、菅能と会っていた時間の直後。状況からみて、青酸カリによる服毒自殺とみられた。失意のまま捜査を行う菅能ちゃんだったが、絵里子の華やかな私生活は全て偽りで、インスタ上の婚約者や部下たちは“リア充代行サービス”のアルバイトたちだった。

かわいそうな菅能ちゃん


前話で羽生に「事件関係者に恋心と同情を持ってはいけない」とビシっと決めていた菅能ちゃんだったが、「絵里子は自殺なんかしない!」と今回は思いっきり私情をはさみまくる。しかし、調べるほど出てくる絵里子の偽りの数々、容疑者・三枝優里(早見あかり)から聞かされる絵里子の愚痴、私情を挟んでいることで離れて行く部下の羽生と多々木(仁科貴)と町尾(橋本淳)、菅能ちゃんの心情は開始15分でぐっちゃぐちゃに。

ライター情報

沢野奈津夫

サッカー、漫画、食べ物、子持ち、ブサヘア、元芸人。

URL:Twitter:@natsuo_sawano

コメント 3

  • バーニー51 通報

    オトナ高校はいつからフジ系になったのでしょうか?

    2
  • バーニー51 通報

    沢野さんか編集さんか知りませんが、こっそり本文修正してますね。エキレビは以前アライユキコさんのネームの人名の誤りを指摘したときもそうでしたが、

    1
  • バーニー51 通報

    指摘を受けて修正した旨、一言あってもいいのではないでしょうか

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!