今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「奥様は、取り扱い注意」9話。西島秀俊との対決を決意した綾瀬はるか。理想の夫婦になるために

2017年12月6日 09時45分 ライター情報:寺西ジャジューカ
この子(京子)の思いに応える覚悟ができたら戻ってらっしゃい」と迫られた渉は、家を出ていった。

京子はようやく、渉と本当の意味で夫婦になろうと決意した。今まで京子から夫婦愛を感じていなかった夫は浮気に走ってしまった。ここから、渉の方も伴侶としての彼女と向き合うことになるだろうか? 今回の一件は、2人が本当の意味で夫婦になるための成長痛だ。

夫の変化を見て罪の意識を感じ、“本当の夫婦”になろうと思い改まった優里。しかし……


大原家で不貞を働いているのは、夫の方ではなく妻の優里だ。前述の通り、啓輔に対する優里の感情は冷え切っている。合コンで知り合った年下のイケメン・安西(小関裕太)と密会するひとときに安らぎを求めているのが現状だ。

優里の中にも葛藤はある。「僕たちが初めて出会ったイタリアンレストラン(合コン会場だった場所)でランチを食べませんか?」と安西から誘われ、約束の日時にレストランへ訪れた優里。安西は個室を予約していた。
安西と顔を合わせるや、嬉しさから顔をほころばせる優里。しかし、意を決して発したのは「今日はもう会えないって伝えに来たの」という言葉であった。なのに、安西は行く。「好きです」と迫りにいき、ついにはテーブル上へ優里を押し倒してしまった。安西を嫌いになったわけではない優里は、結局、安西と事に至ってしまった。その後、悔恨の表情で店を去っていった優里。ちなみに、このレストランの店名は「TRAPPOLA」。日本語に訳すと「罠」の意味がある。

裏切り行為を犯した優里であったが、その直後に啓輔が今までと異なる様子を見せた。もちろん、不貞について夫にはバレていない。しかし「最近、私が何を考えてるかわかる? あなたは努力してくれてるの?」と優里に迫られ、内面に変化が起こったよう。突然、彼はクリスマスシーズンの家族旅行を提案してきたのだ。長男の啓悟(川口和空)は、もちろん大喜び! 照れと反省が入り混じった表情で「努力してほしいんだろ……?」と語りかけてきた啓輔を見る優里の表情がなんとも言えない。罪の意識を猛烈に感じていることは明らかだ。

啓輔が向き合ってくれようとしているならば、もう優里に迷いはない。改めて安西を呼び出し、再び優里は別れを告げようとする。……が、安西とともに待ち合わせ場所へ現れたのは、組織ぐるみで主婦売春を斡旋する横溝(玉山鉄二)であった。

横溝 昨日、あんたがさっきまでここにいた男(安西)と楽しんだ一部始終を録画させてもらったよ。

ライター情報

寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行と篠田麻里子が好きです。ブライアン・ジョーンズと菅井きんと誕生日が一緒。

URL:Facebook

「「奥様は、取り扱い注意」9話。西島秀俊との対決を決意した綾瀬はるか。理想の夫婦になるために」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!