今注目のアプリ、書籍をレビュー

6

「女芸人NO.1決定戦THEW」ゆりやんレトリィバァ優勝で楽しみなタイトル誕生、客席の反応改善を

2017年12月12日 09時45分 ライター情報:まつもとりえこ
「女芸人No.1決定戦 THE W」(主催・日本テレビ)。
今回が初めてとなるこの大会、応募資格は「女性」であることのみ。ジャンルの制限はないため、コントあり、漫才あり、ポールダンスらしきものあり、の異種格闘技となった。636組がエントリー、第一回の優勝を手にしたのは ゆりやんレトリィバァだった。
イラスト/まつもとりえこ

1本目


まず1本目は対決方式

1 はなしょーVS.ニッチェ
対戦順はトーナメント表を抽選順に埋めていく形式で出場者自ら決めたもの。
ハナショーにとってニッチェは憧れの存在であり「単独ライブにもお花を出してくれたり、お金を払って見に来てくれたり」という関係らしい。
対戦したいことをアピール、ニッチェもそれを受け対戦することに。「あーやって言われたら別のところに置けない。ぶっちゃけ迷惑!」

はなしょーは教育実習の先生に片思いする女子が設定のコント。
ニッチェはファミレスを舞台にしたコント。

2 アジアンVS.紺野ぶるま
アジアン、ファイナリストの中で唯一の漫才。
ここ3年間、劇場には出ていたもののテレビ出演はお休みしていた。前日の事前番組で「(3年間隅田の)婚活のためにテレビをお休みしていたのにそれがダメだったから、やっぱテレビ出して、ってワガママすぎるでしょ?」というアジアンに対し、ヒロミが「俺なんて10年休んでた、出れば良いよ」と言う優しさにグッときた。(婚活、妊活、育児休業をせざるをえないんだよ女子はよ!)

対するは、ピン芸人・紺野ぶるま。事前VTRで「かわいらしい」「モデル的」「キレイ」とビジュアルを誉める編集がなされていたが、事務所先輩のよゐこがいう通り、「ネタしっかりしている」「設定も彼女に合った絶妙な設定」。
彼氏こーちゃんを翻弄する浮気性の女を演じる一人コント。

3 中村涼子VS.牧野ステテコ
この大会でいちばん異種格闘技っぽい戦いだったのでは。
どちらも芸歴10年越え。おかっぱ。……芸風は真逆だ。

中村涼子のコントは、幽霊とのラブコメ。ドラマチックで引き込まれた。もっと見たい!

対するは牧野ステテコ。ポールダンス(ポールダンス?)しながら自己紹介(自己紹介?)していく。
副音声の松本が「この雑さ!」と言いながらハマっていた様子。

4 まとばゆうVS.押しだしましょうこ
まとばはプロのピアニスト(音大卒業、老人ホームやホテルで演奏しているそう)で、ピアニストと並行し7年前から芸人の道へ。
手短にまとめたーよ♪と電子ピアノを弾きながら名作のあらすじを披露していく音ネタ。

ライター情報

まつもとりえこ

イラストレーター。趣味はiPhoneアプリを使ったらくがき。お笑い、音楽、カレーが好き。石川県金沢市出身。

URL:Twitter:@riekokonishi

「「女芸人NO.1決定戦THEW」ゆりやんレトリィバァ優勝で楽しみなタイトル誕生、客席の反応改善を」のコメント一覧 6

  • にし 通報

    押しも押されぬ×→押しも押されもせぬ○ です。 マスコミが間違った日本語を使うので、一般の人も間違い続けるのです。

    16
  • 匿名さん 通報

    相変わらずの的外れ。笑いについて記事を書くライターは全員そうだね。何も知らないし、掘り下げも浅い。

    12
  • 匿名さん 通報

    毎回耳障りな観客の1人?の甲高い独特の笑い声が気になった…

    4
  • 匿名さん 通報

    男女差別番組

    0
  • 匿名さん 通報

    ゆりやん、これで3倍くらいに太れるな

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!