今注目のアプリ、書籍をレビュー

4

「わろてんか」63話。台詞が聞き取れません、松坂桃李に続いて北村有起哉までボソボソ

2017年12月14日 08時30分 ライター情報:木俣冬
連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第11週「われても末に」第63回 12月13日(水)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:保坂慶太
イラスト/まつもとりえこ

63話はこんな話


てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、崇徳院の和歌のように、一度別れた川がもう一度ひとつになったものの、団真(北村有起哉)とゆう(中村ゆり)は、まだ別れた川のままで・・・。

おねしょ事件


どうやら藤吉(松坂桃李)は、寄席の事務所で寝泊まりしていたらしい。
藤吉とてん(葵わかな)とがうまくいってないことを心配する風太(濱田岳)とトキ(徳永えり)。
隼也のおねしょをだしにして、てんと藤吉の仲をとりもつ。
隼也が大変!と大騒ぎして、おねしょだった・・・という流れはずいぶんとドタバタだったが、その後の、風太とトキの采配には力がある。

トキの気持ち


「やっぱりおトキさん、良い時に、居合わせているんですねえ」と「おはよう日本」(関東版)で高瀬アナウンサーにまたまた言及されたトキ(良い時にってダジャレか)。

そんなトキと風太が話しているところは、息が合っていて、お似合いだ。
仲直りしたてんと藤吉を見て、家族水入らずでライスカレーが食べたいと、結婚に憧れを抱くトキ。
現在発売中のワニブックス「プラスアクト」(2018年1月号)で、徳永えりにインタビューをしたら、ドラマの時代、トキは適齢期を過ぎていて、風太のことを「ちょっとずつ意識している」という。このときも、結婚相手に風太を意識しているのだろうか。
でも風太はてんに一途で、トキの気持にまったく気づいてない様子。リリコ(広瀬アリス)とも気が合っているふうに見えるし・・・これから、どうなるんだろうか。

カレー衛門


親子3人、ライスカレーを食べていると、藤吉と隼也の口にカレーがついて、「チョコ衛門やのうてカレー衛門になってるわ」と笑うてん。
チョコ衛門は会心のネタだったものなあ、藤吉にとっても、たぶん、脚本家にとっても。

小野文惠のナレーションで、崇徳院の和歌「瀬をはやみ〜」が詠まれながら、さっくり仲直りという展開だが、
夫婦喧嘩は犬も食わないと言うし、ある意味リアリティーがある。

藤吉へのフォローか


藤吉の怒りが爆発して、さすがの芸人たちも、考える。
キース(大野拓朗)が、なにか「ええことを思いついた」らしく、突然、アサリ(前野朋哉)とコンビを組もうと言い出す。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

「「わろてんか」63話。台詞が聞き取れません、松坂桃李に続いて北村有起哉までボソボソ」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    なんだかあからさまに劇中での藤吉の評価を上げる方向に話が進んでますね。それが視聴者からの評価につながるかどうかは分かりませんが。今までよりはましになるだろうと期待して、しばらくは様子見でしょうかね。

    3
  • 匿名さん 通報

    >商業演劇    具体的に、どんなものを指してなのか、書いて欲しかったですね。これだけでは、分かりにくいですね。

    2
  • 匿名さん 通報

    トキと風太が将来付き合う様な予感

    1
  • 匿名さん 通報

    自分と違う意見のかたのツイッターを平気でブロックする随分横柄な態度のライターだよね。 好き勝手書いてる癖に批判は全く来ないと思ってるのが不思議だわ

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!