今注目のアプリ、書籍をレビュー

21

大河ドラマ「西郷どん」初回視聴率が低かった理由は、西郷さんの女子的生活描写か

2018年1月14日 09時45分 ライター情報:木俣冬
大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 

第1回「薩摩のやっせんぼ」1月7日放送 
『西郷どん 前編』 (NHK大河ドラマ・ガイド)NHK出版

つかみは力が入っていたのに


連続ドラマの第1回はつかみが大事だ。
「西郷どん」は現代の東京上野にある西郷さんの銅像からはじまった。
それが遡って120年前、西南戦争から21年後、銅像が立った場面に変わる。
妻・糸(黒木華)と弟・従道(錦戸亮)が立ち会っているが、突如として糸は、「うちの旦那さんはこげんな人じゃあいもはん!」「ちごっ」と叫び出す。

西郷さんはこんなじゃない問題に関しては、主演の鈴木亮平が放送前のインタビューで、「黒目が異常に大きくて吸い込まれそうだったらしいですが、僕は、正反対の目をしているので(笑)、最初はどうしたらいいか悩みましたが、これまで大河ドラマを見ても、肖像画に似てない人もたくさんいるので、目ヂカラは忘れて、吉之助さんの慈愛に満ちた眼を意識しながらやっています」と語っていたこともあり、世間的な「西郷隆盛」のイメージと俳優の風貌が違うことをあらかじめ断っておこうという制作サイドの気遣いかと思ったら、林真理子の原作「西郷どん!」からしてそうだった。

ただし原作小説は西郷の息子・菊次郎が京都市長になったときからはじまっており、西郷隆盛は生涯、1枚も写真も肖像画も残していないと書く。
いま、残っている肖像画は想像の産物で、では、西郷隆盛の本当の姿とはどういうものだったのだろうかと少々ミステリー風味を醸したイントロを、脚本家の中園ミホは応用してドラマオリジナルのはじまりを描いたといえるだろう。

そして、犬。
続いて、躍動する鈴木亮平。
汗、筋肉、傷、海、子ども、相撲・・・西郷隆盛の故郷・鹿児島の美しい風景、生き物、桜島・・・。来るべき、4K、8K時代(2018年12月1日から放送が開始される)に合わせたかのような鮮やかな画像が連なる。
そのあとに続く本編も、ロケをふんだんにしてスケールの大きさを感じさせたうえ、のちの隆盛こと吉之助こと小吉(渡邉蒼)が憧れる島津斉彬役の渡辺謙が圧倒的なカリスマ性を発揮して、順調な滑り出しかに思えた。子役たちもピチピチ生き生きしていて良かった。

ところが、翌月曜朝、発表された視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と歴代ワースト2位だったのだ。
理由として、鹿児島弁が理解し辛いとか、子ども時代は概ね避けられるとか、鈴木亮平より渡辺謙に華があり過ぎるとか、いろいろな説が飛び交ったが、こうも考えられるのではないか。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

コメント 21

  • 匿名さん 通報

    壊し屋の西郷どんは好かれもするが、嫌われ者でもあった。政治家と言うよりも軍人であり、征韓論でも西南の役でも政治的才能は皆無。大久保らのように欧米視察しておれば時代に取り残されたなかった。

    23
  • 匿名さん 通報

    西郷どん、大河らしい滑り出しで、今後の展開が楽しみです。素朴に知りたいのですが、視聴率ってその回の出来が影響するものなんですか?初回は、期待値とか宣伝とかそういう事情で決まるのかと。

    20
  • 匿名さん 通報

    また西郷・維新か!という刷り込みでしょう。見てみたら良かったよ視聴率ほどじゃない。前回の直虎が漫画だった影響でしょう。

    15
  • 匿名さん 通報

    見出し見て「どんな女叩きかな」と思ったが全然そんなことはなかった。男尊女卑が男性同士の同性愛に行きつくことって、男尊女卑に染まり切った男ほど知らないでいるよな。

    12
  • 匿名さん 通報

    月照様が出てきたら腐女子枠が伸びるから問題なし。

    12
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!