今注目のアプリ、書籍をレビュー

3

芸人の「常識」を破壊しろ「MASKMEN」謎のピン芸人の正体にマジで愕然

2018年1月15日 09時45分 ライター情報:井上マサキ
てっきり野性爆弾くっきーのドキュメンタリーだと思っていたのだ。

テレビ東京系で1月12日より放送がスタートした『MASKMEN』。「野性爆弾くっきーが初めて芸人をプロデュース」「その名は“人印”と書いて“ピットイン”」「人印の成長を記録したドキュメンタリー」という触れ込みだった。

新人芸人をプロデュースするくっきーに密着するのだろうな。ぼんやりそう考えていた。番組開始から約10分。人印がそのマスクを脱ぐまでは。

※本稿はネタバレを含みます。人印の正体をここで知りたくない方はテレ東の見逃し配信を先にご覧ください。
人印(ピットイン)のプロフィール。2011年1月1日生まれ。出身地は高尾山。趣味は押し花(グレープカンパニーHPより)

謎のピン芸人・人印(ピットイン)


見上げるような高身長。全身黒タイツに緑の手袋。ロケットのような形のマスク。首には白いフリル。

2017年10月。芸能事務所・グレープカンパニーのタレント一覧に突如追加されたピン芸人“人印”。その正体は同じ事務所に所属するサンドウィッチマンや永野、カミナリにも知らされていなかった。楽屋ではずっとマスクをかぶり、一言も言葉を発さない。舞台を共にする芸人たちも「誰なんだ」とざわついていた。

サンドウィッチマン 富澤「マネージャーとかに『なんか変なマスクしてる奴いるんだけど』って聞いたんですけど、多くを語らないんで。なんなんだこいつって(笑)」
おかずクラブ ゆいP「リハの時も絶対に(マスクを)入念につけてて……」
ジャングルポケット おたけ「なんだコレはって。なかなか顔出さない芸人いないですからね」

何より不可解だったのは、人印のネタ(Youtubeで視聴可)に野性爆弾くっきーが関わっていること。ネタ中、人印は「シュコー」しか話さず、出囃子やナレーションは全てくっきーの声。そもそもグレープカンパニー所属の芸人に、よしもと所属のくっきーが携わることが異例だ。

くっきーは「人印からの依頼」と経緯を語り、衣装からネタまでトータルプロデュースしたと話す。

くっきー「私のドロッとした世界観というか、常軌を逸してる感じが好みらしくて。その世界観は人印には埋め込んでますけども」「(人印が生まれた時に聞いていた曲は)爆風スランプの『月光』ですわ」

多くの芸人は人印の正体を野性爆弾の相方・ロッシー(身長180cm)と予想していた。高身長であり、くっきーとも関係が深いからだ。しかしコロコロチキチキペッパーズ・ナダルは「くっきーさん、(人印に)敬語使っているのを見たんですよね」と首をかしげる。

ライター情報

井上マサキ

1975年石巻出身のフリーライター。元SEで2児の父。スマホアプリ・パパ育児・お笑いを中心に活動中。路線図鑑賞家。ケータイ大喜利第14号レジェンド。

URL:Twitter:@inomsk

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    外見のインパクトじゃなく芸で楽しませて欲しいと思います。

    2
  • 野生なんとかとやら、 通報

    つまらんよな。気持ち悪いだけで。

    1
  • 匿名さん 通報

    出身地が惜しいな。グレープカンパニーのプロフでは高野山になってるよ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!