今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

亀梨和也と藤木直人の陣取り合戦「FINAL CUT」佐々木蔵之介は怪しすぎ謎すぎ2話

2018年1月23日 09時45分 ライター情報:沢野奈津夫
亀梨和也主演のドラマ、フジテレビ系「FINAL CUT」(関西テレビ制作、毎週火曜21時~)第2話。
イラスト/Morimori no moRi

物語のあらすじ


12年前、主人公の中村慶介は、ワイドショー「ザ・プレミアワイド」の情報操作によって、女児殺害事件の犯人扱いされた母親を失ってしまう。時を経て慶介は、幼なじみの野田大地(高木雄也)と共に、番組関係者に復讐を企てる。

藤木直人の不安定さの正体


藤木直人演じるカリスマキャスター百々瀬のキャラクターが不安定に見える。第1話で「てぇーへんだてぇーへんだ」と瓦版屋口調で大演説をかまし、面白狂い人として活躍していくと思われたが、第2話は少し違った。

自身の番組制作チームのメンバーが思い通りに動かない。1話の様なご乱心姿が期待されたが、意外にも冷静。ミスを犯したディレクター真崎(水野美紀)が夜景を見ながら放心状態なのを見つけると、優しく話しかけ、自身と番組の報道姿勢について真剣に説く。そして最後には、「僕の大事な戦力に」と紙で作った薔薇をプレゼントした。ただのイケメン上司だ。1話で自慢のトロフィーを粉々にされた井出(杉本哲太)がかわいそう。

これが何十話も続いている長編ドラマなら、「キャラがブレた」もしくは、「成長した」という話なのだが、たったの2話でこの変貌っぷりは、何かしらの意図があるのだろう。もしかしたら、カリスマキャスター百々瀬の帝王学は「男は恐怖で制圧」「女は惚れさせて飼いならす」というものなのかもしれない。

慶介と百々瀬の陣取り合戦か?


最近の復讐物で言うと、前クール放送の日テレ系「ブラックリベンジ」と、何かと今作と比較される「嘘の戦争」が挙げられる。似すぎているとも言われちゃったりしているみたいだが、この2作品との決定的に違うのは、観た後のスッキリ感だ。今後ハッキリとした差別化が図られるとしたら、ここだと思う。

2作品の主役たちは、復讐は徹底的にやる。ターゲットを社会的に抹殺したり、廃人にしたりと人生を終わらす勢いでやる。だから非常にスッキリする。対する「FINAL CUT」の慶介は、決定的な情報を相手に突きつけるも、それを世間には公表しないで“生かす”。だからそんなにスッキリしない。

慶介が復讐相手を生かしている理由は、自分の手駒にするためだ。つまり、井出と真崎への復讐は、最終的な標的に復讐を果たすための準備に過ぎない。

単純に言うと、慶介と百々瀬の“陣取り合戦”になっているのだ。

ライター情報

沢野奈津夫

サッカー、漫画、食べ物、子持ち、ブサヘア、元芸人。

URL:Twitter:@natsuo_sawano

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!