今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

俺らが見たいもの全部乗せ「マンハント」ジョン・ウーのサービス精神と「君よ憤怒の河を渉れ」愛

2018年2月14日 09時45分 ライター情報:しげる
二丁拳銃! スローモーション! ほとばしる男たちの感情! そして鳩!! 半ばセルフパロディ的なまでにジョン・ウー的要素が詰め込まれた『マンハント』からは、ウーのサービス精神と余裕、そして原作映画への異常な愛が伝わってくる。

巨匠ジョン・ウー、『君よ憤怒の河を渉れ』をリメイクする


ジョン・ウー。様式美に満ちた独特なアクションと、男たちの熱すぎる感情を表現することに関しては、現在に至るまで最強クラスの監督である。30年前には香港ノワールの方向性を決定づけ、さらに『フェイス/オフ』『ミッション:インポッシブル2』などハリウッドでも活躍。そんな彼が、1976年に公開された高倉健主演の日本映画『君よ憤怒の河を渉れ』を原作にして撮ったのが『マンハント』だ。

「なんでわざわざそれを原作に……」と思うのだが、実は『君よ憤怒の河を渉れ』は中国ではめちゃくちゃ人気のある映画だったらしい。というのも、この作品は文化大革命後に初めて公開された外国映画であり、当時の観客動員は8億人というから凄まじい。「無実の罪に問われた検事が、追う刑事と奇妙な交流をしつつ真相に迫る」というストーリーが、文革当時に理不尽な扱いを受けた当時の中国人の心情に訴えたのだ。この映画のおかげで健さんは中国でも人気があるのだそうで、ジョン・ウーがリメイクしたいと考えるのも当然なのである。

"アクションが物語をドライブさせる快感"に浸るべし


『君よ憤怒の河を渉れ』で健さんが演じた検事は、『マンハント』ではドゥ・チウという中国人の腕利き弁護士に変更。彼は酒井社長率いる天神製薬の顧問弁護士なのだが、パーティの翌日、目が覚めたら横に社長秘書の女の死体が転がっているという事態に見舞われる。いきなり殺人事件の被疑者となったドゥ・チウは隙を見て逃走。大阪の市街を逃げ惑う。

元の映画では原田芳雄が演じていた刑事にあたる役、矢村を演じるのが福山雅治である。矢村は警察の方針とは別に独自にドゥ・チウを追跡。事件の鍵を握る女・真由美や謎の女殺し屋2人組、警察側の内通者と天神製薬のトップなどが複雑に絡み合う事件の真相に迫るが、その渦中でドゥ・チウの無実を確信していく。

というわけで逃げるドゥ・チウと追う矢村がいつしか共闘することになるのだが、その共闘っぷりが期待通りの熱さである。「さすがジョン・ウー……」と唸らされるのは、その心情が通いあう様子をアクションで表現している点だ。

ライター情報

しげる

ライター。岐阜県出身。プラモデル、ミリタリー、オモチャ、映画、アメコミ、鉄砲がたくさん出てくる小説などを愛好しています。

URL:Twitter:@gerusea

「俺らが見たいもの全部乗せ「マンハント」ジョン・ウーのサービス精神と「君よ憤怒の河を渉れ」愛」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!