今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

クリント・イーストウッド監督「15時17分、パリ行き」究極の実録ドラマの他人事ではないいたたまれなさ

2018年3月8日 09時45分 ライター情報:しげる
人生は伏線回収の連続である。『15時17分、パリ行き』は、一応テロを題材にしているものの、映画自体の目的はそこにはない。運命と伏線の話である。びっくりした。

主役も乗客も全部本人! 究極の実録ドラマ


2015年8月21日に発生した、タリス銃乱射事件。乗客500名あまりを乗せたアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスの中で、モロッコ国籍の男がAK47を発砲。しかし乗客として居合わせたアメリカ軍人2人と大学生1人、イギリス人ビジネスマン1人の4人によって取り押さえられ、重傷者1人を出しつつも死者なしで解決したという事件である。

クリント・イーストウッドが本作の題材として選んだのが、この事件だった。テロリストを取り押さえた3人はもとより、居合わせた乗客も実際に事件に遭遇した人を起用。「それをやるのは反則でしょ!」と言いたくなるような、実話の再現ドラマとしては究極のやり方である。

『15時17分、パリ行き』の実質的な主人公は、犯人を取り押さえた軍人の1人であるスペンサー・ストーン。テロ事件そのものを扱った作品かと思いきや、映画は彼の小学生時代から始まる。スペンサーはシングルマザーの家庭に生まれた小太りの少年。母親が教師から「多動性障害では?」と言われるほど落ち着きがなく、学校では落ちこぼれ気味である。好きなものは銃やミリタリーで、親友のアレクとアンソニーとは山でサバイバルゲームをやって遊ぶ。ちょっとボンクラだけど、普通の子供である。

成長した彼は、スムージーショップでのバイト中に軍への入隊を決意。空軍に入ってCSAR要員(戦闘地域に墜落したパイロットや負傷者を捜索して助け出す兵士)になって人助けをするんだということで、ダイエットを開始する。だがエリートであるCSAR要員への壁は高く、スペンサーは入隊後別の職種に進むことに。一方友人アレクはオレゴンの州軍に入隊しアフガニスタンへ出征。アンソニーは大学へ通っていた。

空軍で勤務していたスペンサーは、アレクがアフガンから帰還することを知って友人3人でヨーロッパへの旅行を企画する。ローマからアムステルダム、そしてパリへと移動する彼ら。そのパリへと向かう列車の中で、事件は起こった。

人生全てが伏線として立ち上がってくる……


スペンサーもアレクもアンソニーも、普通の人たちである。映画に出演しているのも役者ではなく本人なので、見た目も普通。演技も素朴。日本に来てそのへんを歩いていたとしても、絶対に気づかない自信がある。

ライター情報

しげる

ライター。岐阜県出身。プラモデル、ミリタリー、オモチャ、映画、アメコミ、鉄砲がたくさん出てくる小説などを愛好しています。

URL:Twitter:@gerusea

「クリント・イーストウッド監督「15時17分、パリ行き」究極の実録ドラマの他人事ではないいたたまれなさ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!