今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「ザ・キング」普通に大統領職を終えた人の方が少ない韓国で、検事になってやりたい放題

2018年3月14日 09時45分 ライター情報:しげる
韓国検察のパワーと闘争の世界を垣間見られる『ザ・キング』。バブリーなエンターテイメント性と、それでも民主主義と政治を信じようとする姿勢がグッとくる、骨太な作品である。

コネの力と猛勉強で、スラムのガキから検事になれ! 


韓国では普通に大統領職を終えた人の方が少ない。任期中に汚職が露見したり、暗殺されたり、はたまた職を辞した後に自殺してしまったりと、幸せに仕事を全うしたパターンはほとんどない。そんな最高権力者の犯罪を追求する立場にいるのが検事だ。時の権力者をクビにするほどの影響力を持つ高階級の検事は、韓国においては最高クラスのパワー・エリートなのである。

『ザ・キング』の主人公パク・テスも強権を持つ検事に憧れ、やがてその世界に首まで浸かることになる。テスは貧しい家庭に育ったケンカ好きの不良学生。父親の主な仕事は家電の窃盗だ。しかし、粗暴な父が地方検事の前ではペコペコしているのを見て「真の力を持っているのは検事だ……!」と気づく。一念発起したテスは猛勉強の末に一流大学に合格。兵役の最中でも勉強しまくり、ついに司法試験にも受かる。折しも時代はソウルオリンピックから民主化を経て90年代に入る頃。そんな中で、テスは地方検事としてキャリアをスタートさせる。検事ともなれば結婚相手は選び放題。気の強い金持ちの令嬢サンヒと結婚したテスは、多忙な生活を送ることになる。

2年ほど地方で検事稼業を続けたテス。ある日、女子学生を暴行した高校教師が、元国会議員の父のコネを使って容疑をもみ消したという事件を担当することになる。早速教師をブタ箱に放り込もうとするテスだが、そこにソウル中央地方検察庁戦略部に勤務する先輩検事ヤン・ドンチョルが現れる。「中央の戦略部で働きたければ、事件から手を引け」と迫るドンチョルに、テスは事件から手を引いて出世する道を選ぶ。無事ソウルへと転勤したテスの前に現れたのは、圧倒的なカリスマ性と手腕で権力を手にする部長検事ハン・ガンシク。テスは彼の元で出世街道を驀進する。

パク・テスを演じているのは8年ぶりの映画出演となるチョ・インソン。死ぬほど顔が小さく脚が長い、スーツがビシッと似合う男前だ。しかし『ザ・キング』ではいきなり高校生役(インソンは1981年生まれである)で映画がスタートするので「だ、大丈夫か!?」と心配になった。割とすぐに成人して検事になるので、結果的には大丈夫でした。

そして強烈なのがチョン・ウソン演じる部長検事ハン・ガンシク。

ライター情報

しげる

ライター。岐阜県出身。プラモデル、ミリタリー、オモチャ、映画、アメコミ、鉄砲がたくさん出てくる小説などを愛好しています。

URL:Twitter:@gerusea

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!