今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

吉高由里子「正義のセ」家族相手の取調べの練習とはほほえましい、ベタも魅力で3話

2018年4月25日 09時45分 ライター情報:近藤正高
ここ最近、マンガやドラマのような、いや、フィクションで描けば逆にベタすぎると言われそうなできごとがあいついでいる。たとえば、東大卒の弁護士にして医学博士という県知事が女子大生との援助交際を告発された一件など、まず設定からして、ドラマで書いたら「こんなやついるか!」とツッコまれそうである。

あるいは財務次官のセクハラ問題も、これがドラマなら、隠し録りした音声を突き出されたところで、敵役はすぐ降参して、事件解決となりそうなものだが、現実にそういう事態が起こってみれば、相手は録音されているのが自分の声かどうかわからないと主張するという、斜め上を行く展開を見せている。現実がこんな感じだと、事件物のドラマはなかなか厄介ではないか。そんなことを感じるきょうこのごろ。

とはいえ、ベタも突き詰めれば、案外面白くなるものだ。日本テレビで放送中の水曜ドラマ「正義のセ」(夜10時~)も、設定や人間関係などにどこか既視感を抱かせつつ、そこを逆に効果的に使って登場人物たちを生き生きと動かしている印象がある。
イラスト/まつもとりえこ

家族がテーマだった第2話


前回のレビューで、このドラマについて「ホームドラマも志向しているようだ」と書いたが、先週放送の第2話でも本筋とはべつに、新米検事のヒロイン・竹村凛々子(吉高由里子)と家族のやりとりもしっかりと描かれた。凛々子は、検事生活2年目にして初めて殺人事件の被疑者の取調べを行なうことになり、その前夜、家族を相手に取調べの練習をする。いまどき、そんな仲のいい家族があるかい! とツッコミを入れたくなるベタさだが、凛々子相手に妹・温子(広瀬アリス)や父・浩市(生瀬勝久)が熱演で応えるさまはむしろほほえましい。

今回の本筋となる殺人事件も、家族をめぐるものだった。被疑者である主婦・町田かれん(財前直見)は、夫・義之(大澄賢也)を殺した疑いで凛々子の取調べを受ける。かれんは、夫から暴力を受けて、思わず花瓶で殴りつけて殺してしまったと、けっして殺意はなかったと主張するが、その後、浮気相手なのか別の男と会っていることがあきらかになったり、近所の人からゴミ集積場に離婚届が捨てられていたとの証言が出たりと、疑惑が浮上。そのうえ、夫婦のあいだには現在19歳の娘がいるはずが、1年前から家を出て行方不明となっていた。

一体、この家族に何があったのか? 凛々子と担当事務官の相原(安田顕)があちこちを回って調べてみたところ、かれんは自立するべく働き口を探しており、スーパーへの就職が内定していたことがわかる(例の浮気相手と疑われた男は、就職の斡旋会社の社長だった)。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

「吉高由里子「正義のセ」家族相手の取調べの練習とはほほえましい、ベタも魅力で3話」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!