今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

今夜最終話「あなたには帰る家がある」子供に選ばれる親と選ばれない親の違いはとっさの人間性だった10話

2018年6月22日 09時45分 ライター情報:むらたえりか
真弓「この人は、あんたにはもったいない。私が幸せにします。太郎さんと、慎吾くんと、麗奈と私と、私たち4人で幸せになります」

6月15日(金)放送の金曜ドラマあなたには帰る家がある(TBS系列)。
まさか! と思うか、やっぱり! と思うか。真弓(中谷美紀)が茄子田(ユースケ・サンタマリア)を愛することを選んだ第10話。綾子(木村多江)が佐藤家に乗り込んできたときの台詞を思い出す。

綾子「これからは、ママとパパと麗奈ちゃんと慎吾と、4人で幸せに暮らしましょうね」

でも、麗奈(桜田ひより)は真弓を選び、慎吾(萩原利久)は茄子田を選んだ。綾子と秀明(玉木宏)は、こどもたちに選ばれなかったのだ。
イラスト/Morimori no moRi

「とっさの人間性」を積み重ねた説得力


綾子「あなたが嫌い」
真弓「はあ?」
綾子「嫌い。あなたみたいな女が、昔から。声が大きくて、スポーツが得意で、クラスの中心にいて、女子に人気で。あなたみたいなタイプに、よくいじめられた」

綾子の本来の姿を描いた10話。彼女の後ろ暗い過去は、かつて実の姉の夫と関係を持ったこと。そして、慎吾はその義兄との間にできたこどもであることだった。
この大きな問題と並行し、今回は、真弓たちの「本来の姿」を繰り返し見せた回だった。

とっさの行動には、その人本来の人間性が反映されているように見えるものだ。
あぜ道で動けなくなっている車を見かけ、自分が泥まみれになってもとっさに助けに入る茄子田。喧嘩をしていたはずなのに、姉に叩かれる綾子をかばってとっさに間に入った真弓。この2人の躊躇なさに好感が高まる。
対して、秀明は目の前で何が起こってもとっさに対応できない。綾子は、土地勘のない真弓を置いてとっさにいなくなろうとする。

こどもたちは、それぞれ真弓、茄子田と暮らすことを選んだ。真弓も茄子田も、完璧な善き母、善き父だというわけではない。まだ中学生の麗奈に気を遣わせてしまうし、慎吾がつらい思いをしていたことに気づけなかった。そんな2人だ。
それでも、とっさに表れた人間性を知ったことで、麗奈と慎吾の選択に深く納得できた。

不倫やモンスター化する綾子、女と女のバトル! など、大きな爆弾をボンボンと落としていく今作。しかし、その合間に人間性が垣間見えるエピソードや態度を細かく入れ込み、登場人物を記号としての「浮気された妻」「ヤバい女」などに留めて描くことはない。
新たに明かされる過去や内面が見えるたび、見ている側もキャラクターひとりひとりを理解したい気持ちになってくる。

ライター情報

むらたえりか

ライター/PR企画者。宮城県出身・女子校育ち。「アオシマ書店」で写真集レビューなどを執筆。ハロプロ、ヒーロー、ベガルタ仙台が好き。

URL:わたしとたのしいくらし

「今夜最終話「あなたには帰る家がある」子供に選ばれる親と選ばれない親の違いはとっさの人間性だった10話」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!