今注目のアプリ、書籍をレビュー

5

「半分、青い。」92話、涼次は究極の◯◯◯◯キャラ説

2018年7月18日 08時30分 ライター情報:木俣冬
連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第16週「抱きしめたい!」第92回 7月17日(火)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二

91話はこんな話


鈴愛(永野芽郁)は結婚式の様子撮影したビデオを元住吉(斎藤工)からもらう。そこには岐阜の幼馴染、オフィス・ティンカーベルの仲間たちからのメッセージも収録されていて、鈴愛は涙ながらに見る。

式は仏滅だった


厳かなる式で転んで、式用のお道具が並んだ台も倒してしまった後はどうやって挽回したのだろう。
そこは描かれることはなく、「いいお式だった」ということで終了。
大納言の店長・田辺(嶋田久作)との会話で、仏滅だったから式場が急ぎでもとれたことがわかった。

田辺は呼ばれても遠慮したようで、鈴愛にシャトー・マルゴーのパチもんをお祝いに渡す。
引っ張るなあ、不倫を描いた「失楽園」。
なんだろうか、式でずっこけたことも含め、鈴愛の結婚生活がこのまま順風満帆にいかないことを暗示したいのだろうか。ミスリードだろうか。
とりあえず新居も決まって、もうすぐお引越し。

娘に理解あるええ家族


楡野家一同も式が終わってホッとした様子。
鈴愛の夫・涼次(間宮祥太朗)は将来が安定していない身ではあるが、鈴愛は「安定よりも夢を選んだのだと思う」「涼ちゃんさんの映画監督になる夢に乗っかったんだと思う」と草太(上村海成)。
「人生の前半に自分の夢がかなってこれから人の夢がかなうのを応援する、ええ人生や」と仙吉(中村雅俊)。
家族は鈴愛の選んだ道を肯定し、晴(松雪泰子)の心配も晴れる。
なんでも話し合える「うちはええ家族や」と晴。
鈴愛が唐突に漫画家になると言って大喧嘩になった26話とはえらい違いだ。

ビデオメッセージに込められたもの


元住吉が手渡した記念のビデオには、ボクテ(志尊淳)とユーコ(清野菜名)、秋風(豊川悦司)、菱本(井川遥)、中野(河井克夫)と野方(猫田直)、ツインズ(MIO &YAE)、菜生(奈緒)、ブッチャー(矢本悠馬)、キミカ先生(余貴美子)がメッセージを寄せていた。
台本には、脚本家がこれだけは言ってほしいということ以外は役になりきって自由に話してほしいとリクエストして撮影された場面であると、あらかじめアナウンスされていた。
こういうのは、見終わってなんか台詞が自然だったなあと思ったときに、実は・・・と明かしてほしい気がするのだが、最近はとにかく宣伝第一で視聴者は想像力を奪われっぱなしだ。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

「「半分、青い。」92話、涼次は究極の◯◯◯◯キャラ説」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    「あらかじめアナウンス」というのは、また脚本家のSNSでしょうか?  木俣さんはレビューを書く参考として見ざるをえないでしょうが、私は見ないことにしてます。神回の予告とか邪魔でしかありません。

    22
  • 匿名さん 通報

    菱本さんの「まさか鈴愛さんに先を越されるとは思ってませんでした」的な台詞は、お約束だったのでは? ビデオメッセージは確かに自然で良かったと思いますが、前もって知ってたら「台本無し」が「台無し」ですね。

    10
  • 匿名さん 通報

    鈴愛にとってあの三おばは勤め先のオーナーであり、義理の叔母、実質的には姑と見ることも出来ます。これからが大変? それとも意外とすんなり意気投合する?

    3
  • 匿名さん 通報

    ビデオのところがアドリブ含むだったんですね。なるほど感慨深い❗

    3
  • 匿名さん 通報

    鈴愛がなぜビデオを早送りしたのかがよく分かりませんでした。恥ずかしくて見れないのなら再生を停止しそうなものですが。式のビデオ以外に何かあるかも、と思って早送りで確認したということでしょうか。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!