17

「半分、青い。」95話「この世に生きるただゆっくりと前に進むしかない私たち自身の虚無」

2018年7月21日 08時30分

ライター情報:木俣冬

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合月〜土朝8時〜、BSプレミアム月〜土あさ7時30分〜)
第16週「抱きしめたい!」第95回7月20日(金)放送より。
脚本:北川悦吏子演出:田中健二
95話はこんな話
出会って6日で結婚を決めてしまったため、鈴愛(永野芽郁)は涼次(間宮祥太朗)のことをほとんど知らなかった。結婚してから彼の意外な面を知ってしまう。
だめんず
現実世界では日本列島が危険な暑さにさらされて...

「「半分、青い。」95話「この世に生きるただゆっくりと前に進むしかない私たち自身の虚無」」のコメント一覧 17

  • 匿名さん 通報

    押すなよ?絶対押すなよ?的な

    3
  • 匿名さん 通報

    > 普通開けないよね❗  実生活ではそうでしょうが、ドラマであの展開だと普通開けるのでは? ドラマの都合上、開けるのは仕方ないにしても、開けることに対してほとんど躊躇がないのは変だと思うけど。

    2
  • 匿名さん 通報

    >麦と元住吉が、お似合いに見えた。   特にそうは感じませんでした。

    2
  • 匿名さん 通報

    >涼次に絶対開けていけないと言われた箱を開けると   普通開けないよね❗おかしいわ、ヒロインも3叔母も❗

    1
  • 匿名さん 通報

    ヘレンケラーの次はニーチェを持ち出してこの駄作を持ち上げるとは!神回連発の本編に呼応して木俣さんも神レビュー連発ですね!

    6
  • 匿名さん 通報

    菜生とブッチャーとか楡野家の人々とか ヒロインが東京にいる間の 岐阜の面々のやり取りの方が面白い。

    3
  • 匿名さん 通報

    菜生とブッチャーには幸せになってほしかったので、ひとまずよかった。政略結婚の流れは照れ隠しだと信じたい。菜生は一人っ子だっけ?ブッチャー婿入りで洋品店を継いで、不動産屋はお姉ちゃんが継ぐとかかな。

    2
  • 匿名さん 通報

    がさつな、いや、大雑把な脚本だけど、意味ありげな俳優さんたちのおかげで、内容のあるストーリーなのかと勘違いさせられてる? 朝だから、このくらいのいい加減さがいいのかもしれませんが。

    2
  • 匿名さん 通報

    > 田舎者はピンクのマンションに住みたいと思うらしいという謎の定義  解釈が飛躍し過ぎです。 都会もんから見たら趣味が悪いかもしれんけど私はピンクのマンションに住みたかった、とは言ってたけど。

    1
  • 匿名さん 通報

    「知り合って1週間もしないうちに結婚」と鈴愛は説明してたけど、あの時はお互いに「結婚しよう」と言っただけで、実際に結婚したのは半年以上あとでは? それにしては鈴愛が涼次を分かってないのも不思議。

    2
  • 匿名さん 通報

    スズメのキャラ、弟に対してだけは強気だったが、旦那に対しても弟のような姉のような気持ちなんだろう

    1
  • 匿名さん 通報

    濃いキャラばかりでそのくせストーリーは希薄で、脚本家の過去の名作(?)パロディはなぜか悲しいし。このライターさんの持ち上げ具合も無理があるし、運命の相手とやらももうどうでもいいわ。

    11
  • 匿名さん 通報

    涼次の「これだけは見ちゃ駄目、開けちゃ駄目」な箱、どんだけすごい秘密が隠されているのかと期待させておいて見事な肩透かし。やられた、思惑通り翻弄されてしまった(笑)。

    3
  • 匿名さん 通報

    涼次に料理の才能はあることをみんな知ってるのに、誰も料理人への道を進めないのはなぜか。

    17
  • 匿名さん 通報

    スズメのキャラがつよキャラに変わった。結婚しただけなのに・・子供産んでるとかならわかるけど。キャラブレしてる気がする

    2
  • 匿名さん 通報

    菜生とブッチャーの結婚となれば鈴愛と律の再会の恰好の口実になりますが、お互い結婚してまだ間がないし、どうなるかな。

    1
  • 匿名さん 通報

    > 犬の目線   秋風塾で「月屋根」をいじくり倒して、犬目線になったという話を思い出した。ところで、最後に秋風が描いた「月屋根」はどんな風になったのでしょうね。

    5
  • 1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!